« 基本情報処理技術者試験が変わるとのこと | トップページ | SNSを勉強する? »

2022/07/30

中小企業経営者には従業員にとっての太陽になってほしい

これは、私の希望であり、それが真実であるとは言い難いのですが、中小企業経営者には従業員にとっての太陽になってほしいと思っています。

皆さんは「北風と太陽」という物語をご存じかと思います。
あらためて、ざっくりと話しを書くと、

ある旅人のコートなどを脱がせることを、北風と太陽のどちらができるか、頑張るという話ですね。
北風は一生懸命に風を吹かせますが、旅人はコートをグイっと押さえ、かえって脱ぐことを拒みます。
一方、太陽は照り付けることで旅人を暑く感じさせ、コートを脱がせることに成功します。

何かを従業員にやってほしいと思っているなら、北風のように風当たりを強くするのではなく、太陽のように温かく見守ってほしい。
照り付けるのは逆効果になるような気もしますので、そこは春や秋の太陽くらいで(笑)

従業員は代表である中小企業経営者に敬意を持っているケースが多いと私は信じています。
が、経営者側が北風になれば、相手である従業員も北風に対応してコートを強く保持します。
場合によっては、そこから去り、外から攻撃してくることも考えられます。

リスクを取らないために北風になるなと言っているように聞こえてしまいましたが、私が願っているのは
「従業員が目指したい経営者になること」
で、太陽になることを目指してほしいと思っています。

I'll be your sunrise in your universe.

« 基本情報処理技術者試験が変わるとのこと | トップページ | SNSを勉強する? »

中小企業経営」カテゴリの記事

最近のトラックバック