« ドメイン、キリがないので、中小企業には対策はとれない | トップページ | 営業すること »

2021/09/10

屋根屋さんが植物工場に進出した!

中小企業の多角化は難しい面もありますが、積極的に、そして中長期的に考えながら、多角化を進め、場合によっては業態や業種を変えていくというのは、長く企業を続けるために必要なことなのかもしれません。

今回新聞で読んだのは、「屋根工事会社が植物工場に進出」という記事。
植物工場を建設する事業に進出したのかと思いきや、そうではなくて植物工場そのものを運営するとのこと。
全く関係のない「非関連多角化」ですね。

 

 

コンサルティングを受けながらの船出

植物工場の運営ノウハウを持っている会社の支援を受けて運営を始めたようです。
徳島県最大級の植物工場ということで、4億9000万円も投資したそうです。
記事にはないけど、これは借入かな。
地元の金融機関もきっとコンサルティングを受けるという前提で貸し出したのかなと思ったりします。

LEDをしっかり管理、さらにクリーンルーム並みの清潔さ

ITをがっつり活用して、LEDの照度をコントロールしたり、温度湿度も管理するようです。
二酸化炭素濃度なども管理するそう。
クリーンルーム並みのきれいな環境だそうで、虫も入らないって話。
うーん、野菜も無菌状態かwww

しかし、電源は太陽光?

この会社、屋根工事や太陽光発電を手掛けているそうです。
で、この植物工場のLEDや温度湿度、二酸化炭素濃度などの管理用の電源は当然、太陽光発電ですよね!
と思ったら、どうもそれっぽいことは記事には書いてありませんでした。

当該企業のウェブサイトにもそれらしい記述はありませんでした。
せっかくだから、自社のノウハウとかも利用したいところだなぁ。
私のわがままか。

« ドメイン、キリがないので、中小企業には対策はとれない | トップページ | 営業すること »

中小企業経営」カテゴリの記事

最近のトラックバック