« システム開発会社をパートナーとみなさない発注者には気をつけよう | トップページ | 世の中にはいろいろな人をターゲットにして収益を上げようとする人がいる »

2021/06/19

経験の少ない業界を知る

中小企業診断士として業界に特化して仕事をする人もいれば、ITとか、マーケティングとかいった横ぐしで仕事をしていく人もいる。
どちらかというと、横ぐしの方がやりやすい気もするが、業界が変われば、そのやり方が大きく変わったりもする。
難しいところである。

横ぐしでやるときに大事なのは、その業界の知識をどのくらい持っているかではないだろうか。
課題がわかっているのと、そうでないのではスピードが違う気がする。
もちろん、思い込みや先入観は危険なので、留意する必要がある。

 

やみくもの経験できるわけではないから、積極的にこちらから何か行動を起こす必要がある。
一番簡単なのはその業界に詳しい人に話を聞くことであろう。
次は書籍にあたること。ネットの情報も新しくていいとは思うが、体系的に書いてあるものは少ない。
このブログのように笑

私自身、IT関連の業界と文具業界には明るいとは思う。
そして今担当しているクライアントさんの業界にも少しずつ詳しくなっているとは思う。
が、そのほかはどうか。クライアントさんの業界でも深いところはどうか。
広いところはどうかと考えると心もとない。

継続的に、どん欲に業界を知っていく努力をしていくことが、幅広い知識と業界をまたがったノウハウ蓄積につながっていくように思う。
まだまだ、インプットが足りなそうだ。

« システム開発会社をパートナーとみなさない発注者には気をつけよう | トップページ | 世の中にはいろいろな人をターゲットにして収益を上げようとする人がいる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

最近のトラックバック