« 街の本屋さんも工夫してる | トップページ | 昨年9月に来た株式会社コンサルタントという悪徳訪問営業の話 »

2021/05/08

光回線の機器を部屋の中で移動したら、TwitterとLINEが使えなくなった話

先日の、自宅のネットワークトラブルについて、記録しておこうと思う。誰かの参考になればと思うので、できるだけ頑張って書きたい。

事の始まり

ONU

事の始まりは、「ネットワーク機器の移動」。部屋の配置換えをするにあたり、光回線のONU(終端装置)も、そして無線LANルーターも電源を一度、切った。上の写真はNTT東日本から借りているONU。

 

ちなみに、無線LANはバッファローの2533という機器。

これら機器を移動し、元のとおり接続し直した。各ランプが点くことを確認したつもりだった(この時点でどのランプが点いていることが正常かという頭がなかった)。ここでの反省は、異動前に点灯していたランプの写真を撮っておくべきだった。

さて、スマートフォン、パソコンを無線LANに接続してみると、特に問題なく接続できた。
ありがちだがGoogleで検索などもしてみた。
こちらも検索結果が出てきたので、あー、使えるななどと軽く考えてしまった(本当なら、検索結果から適当なものを選んでクリックし、外部サイトへ飛ぶべきだった)。

TwitterとLINEが使えない

ところが、スマホでTwitterアプリでTweetしたり、LINEアプリを開いてメッセージを送信したりができない。無線LANを外して、4G回線に戻してTwitterを使うと問題ない。つまり、Twitter側、LINE側の問題ではなく、明らかに無線LANか、光回線の接続の問題だった。

子どもたちにも回線状況を尋ねると、パソコンからのアクセスには問題がないという。YouTubeも見られるし、ネットワーク接続しているプリンタにも印刷できると。プリンタはLAN上にあるから、インターネットへの接続は関係ないものと想像された。

ただ、息子が最近購入した、Nintendo Switchについては、モノハンがネットワーク経由でできん!ということだった。
なぜ、全部のアプリやサイトが見えなくなるという現象ではなく、一部のサービスに限られるのかが、わからなかった。

検索したが行き詰まったので風呂に入った

Googleは使えるということで、PCで「Twitterだけ使えない」と検索すると、いくつかめぼしいサイトがリストアップされる。が、PCでそれをクリックするとアクセスできない現象が発生。パソコンからも使えないじゃん!(と子どもたちに突っ込みたい気持ちを抑え)やむを得ないので、4G回線でスマホで検索する。

と、ここまで、で少々行き詰まったので、飯を食って風呂に入る。風呂に入るのは素晴らしい。入っていると、あー、ちゃんとランプの点灯を確認してないなあとか思い出す。そーいえば、Google君はIPv6だな、などとも考え出す。行き詰まったときは風呂だ。

PPPのランプはやっぱり点いていない

風呂からでて、ランプを確認すると、あー、これだ!というのを見つける。はじめからちゃんと確認すれば良かったものを。。。

Ppp
このPPPが、光ってなかったのである。これが光ってないということは、PPPoEができてないことを意味する。

写真は正常化した後なので光っているが、繋がっていなかったときは光っていなかった。これだなと確信して、プロバイダーの接続マニュアルを探す。すると、ONUの設定の仕方について書いてあるページにたどり着く。ここで、思い付いた!

「そうだ!プロバイダーへのアクセスパスワードを少し前に変えたなと。。。」

ONU(回線終端装置)の接続情報を見直す

思いついたことはちょっと横に置いておいて、ONUの設定について調べないといかん。ONUにアクセスするためには無線LANから、192.168で始まるアドレスにブラウザからアクセスしてやるはず。念のため、この情報もNTT東日本のサイトからONU機器のマニュアルを探し出して、確認した。

うまいこと、ONU機器にアクセスして、接続情報を見る画面を眺められた。

すると、あー、「障害発生中」って書いてある。
接続というボタンがあったので、押してみると「接続中」に変わるものの、数分後に戻ってきてリロードするとまた「障害発生中」に戻ってる。だめだこりゃ。

ネットワークの知識がない人なら、ここで「あー、NTT側になにか起こって、繋がらないんだな」と思ってしまうような表示だな、などと冷静に考えたりしたww

ONU(回線終端装置)の設定をし直す

さて、先ほどの接続情報の一覧から「障害発生中」のリストを選び、接続情報の詳細を表示させる。IDやパスワード、DNSをどこにするかなどの設定する画面が出てくる。

先ほど思い出した、プロバイダーへのアクセスパスワードをこの画面のパスワード欄に入力し直して、設定を押す。すると、もとの一覧画面に切り替わって、「接続」という表示に変わったことを確認する。
PPPのランプも点灯していることを確認して、Googleから他のサイトにもアクセスして、問題ないことをチェック。

TwitterやLINEなど他のサービスもできることを確認して事なきを得た。できなかったことができるようになった。ふぅ。

ONUのことに気づく前に無線LANルータ、ポチりました

ONUのことに気づく前に、つまり、トラブルの検索をしている間に、「無線LANルータ、いつ買ったんだっけ?」と思って調べたらどうも2017年に購入したようだった。もう丸々4年経っている。壊れたのかもしれないなと思い、無線LANルータ、ポチりました笑。思いきってメッシュ型に買い換えてみた。その話はまた今度。

今回のトラブルのまとめ

で、そうなのかあと思うことを最後に。
つまり、プロバイダーから提供されたアクセス用のIDとパスワードでPPP接続をONUがいったん、完了すると、常時接続が何かしらのことで切れない限り、再認証は必要ないってことなんだなと。

うちは安定して常時接続が切れない状態だったことから、再認証が起こらなかったわけだ。
もし、再認証が起こっていたら、気づいたはず。
しかし、停電やブレーカーが落ちることによる電源断はこれまでも起こっていたのではないかとも思う。

となると、きっかけは光回線の光ケーブルを抜いたことなのかもしれないとも思う。
ここは調べるつもりもないが、今後は気を付けたい。詳しい人、教えてください。

以上

« 街の本屋さんも工夫してる | トップページ | 昨年9月に来た株式会社コンサルタントという悪徳訪問営業の話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

最近のトラックバック