« システム開発会社の規模感 | トップページ | お菓子が小さくなっていること »

2021/05/22

珍しい休暇制度

先日、訪問した企業さんで珍しい休暇制度を就業規則に盛り込んでいるという話を聞いた。

大手企業さんで、週休3日になったり、昼ごはんが月に何度かタダになったり、週に一度、仕事以外の勉強をしたりしていいなんて話は結構聞く。
が、今回聞いたのはちょっと違う休暇制度である。

 

その休暇制度とは、

「身だしなみ休暇」

である。

この会社は、営業を中心とする会社のため、代表者の「営業職は身だしなみに気を付けるべきだ」という考え方の下、身だしなみを整えるための休暇を月に一度、必ず取るようにとのこと。さらに、取得すると手当も付くという。

意図としては、「その手当で身だしなみを整えてきなさい。」ということのようである。
正直、初めて聞いた休暇制度である。頭がぼさぼさの私には耳の痛い休暇でもある笑

ただ、これは他の会社にはなさそうだから、採用の際の差別化にもなるかもしれない。
会社としての意図もはっきりしているから、行動指針やビジョンも伝わりやすくなるかもしれない。

会社のビジョンなどに合わせた休暇制度は良いものだなと思う。
他の企業でもあってもいいような気がする。

たとえば、IT企業なら「スキルアップ休暇」とか、「パソコン組み立て休暇」とか、そんなのがあってもいいかもしれない。

« システム開発会社の規模感 | トップページ | お菓子が小さくなっていること »

中小企業経営」カテゴリの記事

最近のトラックバック