« 多角化は経営を安定させるが、アンテナを高くすることが大事 | トップページ | 会社の名前、そして仕事に誇りを持っている会社を応援したい »

2020/06/13

また、キーボードを買ってしまった。Mistel Barocco Keyboard、ものすごいガジェット感。そして、ヤッチマッタ感

P6130208また馬鹿なものを買ってしまった。

今のデスクトップパソコンで多分、4台目のキーボードです。

パソコンにはじめから付いていたキーボードが一台目。2台目はFILCOの青軸75%キーボードテンキーなしのやつです。3台目は青軸では指に負担がかかるらしいと知り、赤軸を購入。ドスパラで5000円くらいで販売されていたもの。音が小さくなってよかったなぁと思っていたのですが、その後、右手首を痛めるという事象が発生。結局、キーボードの打ちすぎなんだろうということになりました。

が、諦めきれず、新たな挑戦。

 

エルゴノミクスキーボードを探し始めました。

当初、サンワサプライさんのトラックボール付きエルゴノミクスを検討していましたが、ネット上の評判が私に合わない。良いものらしいですが、私には合いそうもない。これはまずい。ということで、マイクロソフトさんのエルゴノミクスキーボードを探してみた。

でもしっくりこない。

店頭も見てみようってことで、いろいろ回っては見たものの、それでも見つからない。。。

Google君でキーボードの検索をしていると、ものすごいガジェット感のものに遭遇!それがこれ。

P6130209

おい、ウソだろと思いましたよ。ほんのちょっとだけ迷ってポチッとしました。

ということで、P6130211このようなことになっております。さて、約2万円を投資したこの投資は、どう転ぶのか。

« 多角化は経営を安定させるが、アンテナを高くすることが大事 | トップページ | 会社の名前、そして仕事に誇りを持っている会社を応援したい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多角化は経営を安定させるが、アンテナを高くすることが大事 | トップページ | 会社の名前、そして仕事に誇りを持っている会社を応援したい »

最近のトラックバック