要求定義

2019/05/25

要求定義で画面を描くのが大切なたった1つの理由

以前、要求定義工程で「重要な画面だけでもイメージを描いて共有したい」とSIerのSEに依頼したところ、「それは基本設計なので、ここではできません」ときっぱり拒否されました。その上、要求定義工程の途中で契約を解除してくるということがありました。驚きました。

 

要求定義工程で画面を描くのは、早すぎるのでしょうか?私はそうは思いません。次の理由からです。それは、

 

 

続きを読む "要求定義で画面を描くのが大切なたった1つの理由" »

2019/04/25

要求定義が成功する確率を上げる、有効な3つの方法

システム開発で要求定義は最上流に--システム企画等を除いて--ありますが、ここでの失敗は、後を引きます。しかし、なかなかうまくいかないものであることも確かです。絶対的に成功する方法というのは残念ながら、私には見つかっていませんし、この先も見つけられそうもありません。

 

しかし、確率を上げるためにやっていることはあります。それを紹介したいと思います。

 

 

続きを読む "要求定義が成功する確率を上げる、有効な3つの方法" »

2019/03/25

要求定義を成功に導く、ヒアリングの目的の決め方とは

要求定義では、まず間違いなく「ヒアリング」をしていると思います。が、多くの場合、そのヒアリングの内容があいまいだったり、ヒアリングした結果がただの議事録になっていたりすることによって、漏れや曖昧さが置き去りになるケースがあります。

 

ヒアリングは、準備で半分くらい成功失敗が決まると思います。ましてや、新しい業種業態に対するヒアリングの場合には、まさにそれが如実に出るでしょう。

 

では、ヒアリングをしっかりとやって要求定義を成功に導くにはどうしたらいいでしょうか。

 

 

続きを読む "要求定義を成功に導く、ヒアリングの目的の決め方とは" »

2019/02/25

要求のイメージを共有できる、必ずやるべき地上戦

地上戦?と思いますよね。通常、要求定義でSEさんがユーザーから要求を引き出すときにすることは、ほぼ、ヒアリングのみです。工夫しているところでは、ヒアリング以外のこともやっていたりはします。

簡単に分類すると、ユーザーが受身である方法論は、「ヒアリング」と「プロトタイピング」でしょう。多くの場合、この2つのやり方で要求を掘り起こそうと頑張ります。ですが、たいてい、漏れや曖昧さが残ってしまいます。

正直、どんなことをしても漏れや曖昧さは残るのですが、少ないに越したことはありません。

続きを読む "要求のイメージを共有できる、必ずやるべき地上戦" »

2019/01/25

要求定義の研修で感じる、最近の上流SEの気質3つ

年間に少なくとも10~20日は要件定義の研修をしたり、そのほかに、実際に要件定義の現場に立ち会ったりしています。
そのような中で感じる、最近の上流SEの気質について書いてみたいと思います。私がSEをがっつりしていた頃のSEさんとは違う感じが少しします。

良い方向に倒れるとすごくうまくいくのですが、そうでない方向に倒れると危険という感じがしています。

続きを読む "要求定義の研修で感じる、最近の上流SEの気質3つ" »

2018/05/15

RFPをSIerに作らせて、そのSIerに発注して、トラブルが起こって訴訟を起こす

ユーザー企業も学ばなければだめだと思う。SIerにRFPの作成を依頼して、そのSIerが入った複数のSIerに提案を求め、そのSIerに発注する。こんなことをしていてはだめだと思う。

先日、あるメーカーが大手SIerにそうした方法で発注して、訴訟になっているニュースを見た。

続きを読む "RFPをSIerに作らせて、そのSIerに発注して、トラブルが起こって訴訟を起こす" »

2018/01/05

再び、要件定義の本を書いてみたいという欲求がありますが、どうなることやら。

私のつたない記録によると、要求定義の本を初めて出したのが、2005年でした。
つまり、既に12年が経過したわけです。IT業界で12年というと50年近い月日が経ったのと同じと言われます。
つまり、半世紀です。これはもう古いな(笑)

ということで、あらためてちゃんと書き直してみたいという欲求が生まれてきております。

続きを読む "再び、要件定義の本を書いてみたいという欲求がありますが、どうなることやら。" »

2017/12/07

実践を伴わないと、知識が入りにくいということはある

本で読んだ知識をそのまま実践しようとすると失敗したりする。が、失敗することによって得た情報で次は成功できることも十分にある。実践が重要だということである。

続きを読む "実践を伴わないと、知識が入りにくいということはある" »

2017/08/25

工期遅延の原因、4割が要件定義関連とのこと。痛い。

JUASの調査によると、40%が要件定義関係の問題で工期遅延しているとのこと。
要件定義が不十分であることや、決まらないことなどが大きな要因とのこと。

一方でソフトが開発できないというケースは減っているようで、日経BPの調べでは失敗原因の10%程度しかないらしい。

続きを読む "工期遅延の原因、4割が要件定義関連とのこと。痛い。" »

2017/06/13

要求定義、研修講師のリピート発注はありがたいものです

あるところで、毎年一定の時期に「要求定義」の研修講師のお仕事をしている。
今年もご依頼があった。ありがたいことです。

続きを読む "要求定義、研修講師のリピート発注はありがたいものです" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック