中小企業経営

2018/12/05

そろそろ、今年のまとめ、反省をしながら、最後のスパートをかける時期です

師走に入り、年末が迫ってきました。今年の反省をしながら、最後のスパートをかける時期です。

といっても、、、

続きを読む "そろそろ、今年のまとめ、反省をしながら、最後のスパートをかける時期です" »

2018/11/30

累積的優位というハードルは、いわゆるスイッチを起こしにくくする

先日のブログで、オンボーディングという言葉を書いたが、累積的優位という言葉も紹介しておきたい。考え方は類似している。というか、同じものを違う呼び方をしているように思う。

つまり、顧客に商品やサービスの利用を習慣化させて、顧客を逃がさないようにするという考え方である。

続きを読む "累積的優位というハードルは、いわゆるスイッチを起こしにくくする" »

2018/11/25

「習慣づける」が今後はポイントになるというマーケティング

Received_367264354012099「オンボーディング」というそうだが-まだこの名称も一般的になっていないから、変わる可能性は十分にあるかも-、注文をもらった顧客が商品などを継続的に使い、それが習慣になるようにすることらしい。

確かに、ただ買ったけど、使ってないという文房具、私もあるな(笑)
使ってもらうことで、消費され、またリピートで購入されるということを考えれば、習慣的に使ってもらえるのはありがたいことだ。


続きを読む "「習慣づける」が今後はポイントになるというマーケティング" »

2018/11/20

IT導入のときに使える日本政策金融公庫の借入制度を知っていますか

IT活用促進資金という借入制度なのですが、大体、2%前後での利率で借りられます。
ただ、この利率は一般の金融機関からの借入利率よりは安いですが、公的な制度融資よりは高めです。
なので、選択肢の2番目になります。

続きを読む "IT導入のときに使える日本政策金融公庫の借入制度を知っていますか" »

2018/10/30

少し前の話で恐縮だが、ある中小企業から「今年は黒字になったよ!」という連絡をもらった

以前、支援していたある中小企業の社長から電話を頂戴した。

「佐川さん、今年はね、ほんの少しだけど黒字になったよ」

というお話だった。ありがたい電話である。正直、この企業とは1年ほど連絡を取っていなかったのである。しかし、社長は私のことを覚えていたようで、黒字になったから伝えようと思ってくれたようである。

続きを読む "少し前の話で恐縮だが、ある中小企業から「今年は黒字になったよ!」という連絡をもらった" »

2018/10/07

ポジショニングを戦略の本質と考えるか、オペレーショナル・エクセレンスを競争力の源泉と考えるか

久しぶりにまじめなコンテンツ(笑)
ハーバードビジネスレビューの「競争戦略より大切なこと」という特集を読んだ感想である。

いくつかの特集記事を拾い読みした結果なので、全く深みが足りないだろうが、まあ、感じたことを書いてみたい。

続きを読む "ポジショニングを戦略の本質と考えるか、オペレーショナル・エクセレンスを競争力の源泉と考えるか" »

2018/09/30

中小零細企業は特許料が減免される制度があります。1/3になるケースもあります。

法改正によって、条件が合った中小企業のみだった特許料の減免制度がすべての中小企業対象になりました。
詳しくは特許庁のホームページを見てください。

特に、産業競争力強化法による減免については、その専用ページを見ると良いでしょう。

これを見ると、個人事業主や小規模事業者への減免が厚くなっています。個人レベルでのアイデアや新しい技術などについて引き上げようという意図が感じられます。

2018/09/15

「サービス等生産性向上IT導入支援事業」は第三次産業の中小企業向け

サービス等生産性向上IT導入支援事業は29年度の補正予算で500億円がついている補助事業です。一般的に、

IT導入補助金

と呼ばれているものです。これはおそらく30年度も予算がつくのではないかと想像されます。かなり広範囲の事業者がこの対象になりますから、ITツールを導入することを検討しているのであれば、よいのではないかと思います。

対象業者やケース等を説明する前に、一応、日程を書いておきます。平成30年度は、第三次募集が始まったところです。

9月12日(水)~11月19日(月)

の期間ですので、間違いないように。

続きを読む "「サービス等生産性向上IT導入支援事業」は第三次産業の中小企業向け" »

2018/08/20

「未来の」会社案内を作ると会社のビジョンがきちんとするのではないか

会社案内って、顧客向けだったり、取引先向けだったり、就職活動中の人たち向けだったりするわけですが、「未来の」会社案内だとしたらどうでしょうか。

続きを読む "「未来の」会社案内を作ると会社のビジョンがきちんとするのではないか" »

2018/07/30

モノの消費からコトの消費へと言われてだいぶ経つ

モノの消費からコトの消費へ世界は移っていると言われてだいぶ経つ気がします。たとえば、海外から来る観光客は、中国の方々を中心に「爆買」をしていましたが、今はそういうことはあまり注目されていません。むしろ、日本文化を体験するような人が増えているとも聞きます。

大手の小売店では、モノの販売を継続してはいるものの、最近はワークショップなどの体験型イベントを増やす傾向もあります。万年筆のユーザー向けのペンクリニックなどもそこかしこで行われています。

続きを読む "モノの消費からコトの消費へと言われてだいぶ経つ" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック