中小企業経営

2019/05/05

一本足打法の怖さを知り、回避策を立てるのは実行力に依存する

中小企業経営、特に相手が企業の場合には、「一本足打法」になっているケースが多く見られます。一本足打法には、

 

・事業がひとつしないケース
・事業は複数あるが、顧客が1社しかないケース
・事業も顧客も1つしかないケース

 

の3つがあります。下に行くほど、リスクが高いと考えられます。いずれの場合でも、一本足打法は経営的に高いリスクであることは間違いありません。

 

 

 

続きを読む "一本足打法の怖さを知り、回避策を立てるのは実行力に依存する" »

2019/04/22

特定商工業者の登録には、罰則はないが、法的には決まっている

「特定商工業者」という言葉をご存知だろうか。商工会議所法で定められた業者のカテゴリである。現在の該当基準は、東京商工会議所の場合、

  • 23区内の事業所にいる従業員数が20名以上
  • 資本金、または払込済み出資総額が1,000万円以上

のいずれかを満たすことである。

この条件に該当する企業は、「法定台帳」に登録することが法的に決まっている。

 

続きを読む "特定商工業者の登録には、罰則はないが、法的には決まっている" »

2019/04/16

中小企業は特許料が半額になるという制度が始まりました

4月1日から改正特許法が施行されました。これによって、

「特許取得にかかる費用」が半減

となりました。対象はすべての中小企業です。

 

続きを読む "中小企業は特許料が半額になるという制度が始まりました" »

2019/04/05

今さら聞けない、中小企業の借入の基本的方法

企業を経営していれば、普通に信用取引-買掛、売掛-が発生するものです。
そうなると、どうしても資金繰り上、資金調達をしたい場面が少なからず出てくるでしょう。
また、ここは勝負どころだと思う場面では、安く仕入れをしたいこともあるでしょう。

 

これまであまり、借入金による資金調達をしてこなかったとか、一定のところからしか借りたことがないという中小企業経営者の方々に向けて、「中小企業の借入の基本的方法」をおさらいしましょう。

 

 

続きを読む "今さら聞けない、中小企業の借入の基本的方法" »

2019/03/30

多くの企業はここで期変わりでしょう。来期の計画は既に完成していますか。

3月も末になりました。多くの企業はここで期変わりでしょう。4月になれば、新入社員が入ってきたりする企業も多いことでしょう。さて、来期の計画は既に完成していますか。それともこれからですか。

 

 

続きを読む "多くの企業はここで期変わりでしょう。来期の計画は既に完成していますか。" »

2019/03/17

人手が足りなくて経営が悪化しているという結果

日本政策金融公庫が調べたものによると、人手不足で経営が悪化していると答えた企業が7割もいるらしい。肌感覚では、人手不足というのを感じているし、経営相談を受ける際にも人手不足の話はたいていでる。

別の調査では、スーパーマーケットでも従業員の充足率は下がっていて、2割近くの人員が足りないと考えている様子である。

続きを読む "人手が足りなくて経営が悪化しているという結果" »

2019/03/05

良いものを作ったら、最低、これだけはやりませんかという3つのこと

企業経営というのは、例えば製造業なら、

仕入れる→製造する→販売する

というステップを踏みます。この3つのステップを考えたとき、製造業なら「製造」が本分なので、ここに力を入れることはわかります。しかし、今の時代、周りはレッドオーシャン(競合がひしめく血の海)なのですから、「良いものを作っていれば売れる」という時代はとっくに終わっています。

製造業だけではなく、製造小売(パン屋さんとか)や小売業だって、良いものを作ったり、良いサービスを提供したりするのは、大前提です。まず、そこがきちんとしていなければならないのは当然のことです。サービス業なら、そのサービスをきちんと磨いているかどうか、技術を向上させようとしているかどうかも重要です。

では、販売するということを考えたとき、中小企業とはいえ、次の3つはやりませんか?主に、B2Bをイメージしていますが、B2Cでも参考になるところがあるのではないかと思います。


続きを読む "良いものを作ったら、最低、これだけはやりませんかという3つのこと" »

2019/02/05

ブランディングは難しい。毀損しないように、そして成長するようにの絶対的正解が無い気がする。

昨年、ヨーロッパの高級ブランドで炎上が起こりました。特定の国の人を指して批判したことがいけませんでした。

これに限らず、ブランドを維持していくというのは大変なことです。そのブランドを毀損しないよう、細心の注意を払っていく必要があるわけですが、人間ですからなかなか難しい。

また、ブランドを維持するためには、漫然としていてはいけないですよね。新しい価値を提供し、常にブランドへの注目を保つ必要もあります。

続きを読む "ブランディングは難しい。毀損しないように、そして成長するようにの絶対的正解が無い気がする。" »

2019/01/05

物流が破綻して、通信販売が物流業に縛られる日がそこまで来ているらしい

ネット通販の隆盛は、今に始まったことではなく、毎年、その売上は上昇の傾向にあると聞いています。売上が上がるということは、当然ですが、物量も増えるということになります。ヤマト運輸さん、佐川急便さん他、いわゆる物流企業はこれからさらに物量が増えることに対応する必要があります。

とはいえ、物理的なものですから、限界はきっとあるんだろうと思われます。そうなったとき、物流業が取り扱える物量に、通販の売上が縛られる日が来るのでしょうか。

続きを読む "物流が破綻して、通信販売が物流業に縛られる日がそこまで来ているらしい" »

2019/01/01

その企業が持つパワーをどう使うかでその企業の将来価値がわかる

あけましておめでとうございます。今年もくだらないことを細々と書いていきます。

中小も含めて、企業というのは少なからず力を持っていると私は思います。大企業ならなおさらです。大きな力を持っていますよね。そういう力をどんなふうに使っているかでその企業の将来価値がわかる気がするのです。
あくまでも個人の感想です笑

続きを読む "その企業が持つパワーをどう使うかでその企業の将来価値がわかる" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック