日記・コラム・つぶやき

2017/04/24

館林に行ってきた(4) 茂林寺の茶釜を見てきた

P_20170419_122142分福茶釜をご存知でしょうか。
館林にある「茂林寺」に伝わる茶釜に関する逸話ですね。
たぬきが茶釜に化けたということで、お伽噺として知られています。
館林に一緒に行った友人がぜひ、茂林寺も見てみたいということで、訪問しました。
それにしても、たくさんのたぬきの置物、というか像がありましたよ。


続きを読む "館林に行ってきた(4) 茂林寺の茶釜を見てきた" »

2017/04/23

館林に行ってきた(3) 館林が作ったつつじがあった

P_20170419_095009館林に行ってきた続き。
つつじが岡公園で配られている資料を拝見すると、つつじには大きく8つの分類があるようです(もっとあるのかもしれません)。
この写真は、おおやまつつじという種類のひとつで、「乙女心」。館林のオリジナル品種だそうです。
他にも7種類のオリジナル品種があるとのこと。
館林はつつじも作っていたのか!となりました。


続きを読む "館林に行ってきた(3) 館林が作ったつつじがあった" »

2017/04/22

館林に行ってきた(2) 館林はつつじをみんなが守っている

P_20170419_093314館林に行ってきた話の続きです。
つつじが岡公園の名勝入り口あたりにあった、この写真のつつじ。
写真で表現できていないのですが、この花の色と、葉の緑のコントラストは、言葉に言い尽くせない、バランス。
自然が生み出す美しさというのは、こういうものなのかと驚きました。
個人的に、緑いろが好きなので、その点でもつつじに圧倒されました。

続きを読む "館林に行ってきた(2) 館林はつつじをみんなが守っている" »

2017/04/20

館林に行ってきた(1) つつじが岡はすごいところ

P_20170419_090138群馬県館林市に観光に行ってまいりました。その際の記録をつけておこうかと思います。
第1回は、「つつじが岡」です。
写真のとおり、つつじが岡公園はとっても広いです。
名勝 躑躅ヶ岡とつつじ園から成っています。
芝生広場があったり、城沼というお城のお堀のようなものがあったりして、いろいろ楽しめるところです。


続きを読む "館林に行ってきた(1) つつじが岡はすごいところ" »

2017/04/19

名古屋のレゴランド、高いのか?

ツイッターなどでは、名古屋のレゴランド、高い!という意見が散見された。
バズメディア系とか、あまりメジャーではないニュース系とかでは、とにかくぼったくりとか、良いイメージを書いていない。
その方がたぶん、アクセスが集められるからだろうと思う。

続きを読む "名古屋のレゴランド、高いのか?" »

2017/04/16

どんどん、過激になるような気がするヨガ

ヨガって、やったことないですが、新聞などではよく「新しいヨガ」を良く見ます。
ヨガって、古代インドで発生したものでしたよね。
宗教的意味があるものだろうと思うのですが、今はフィットネスの一部ですよね。

続きを読む "どんどん、過激になるような気がするヨガ" »

2017/04/15

私がいた元の会社は、「上司に逆らえない風土」があるそうです。

先日、朝日新聞の「天声人語」を読みましたら、私がいた元の会社では、

「上司に逆らえない風土」

があるんだそうです。天声人語を書いた人が行っているわけではなく、第三者委員会かなにかの引用のようでした。

続きを読む "私がいた元の会社は、「上司に逆らえない風土」があるそうです。" »

2017/04/07

商品にもキラキラネームの波が来ているの?てか、キャッチコピーと同じなのか

子ども達にちょっと読めないよ、これという名前をつけるキラキラネーム。
どうも、商品の方にも来ているらしいです。
私が新聞で見たのは、「清酒」。
キラキラネームとは程遠い業種のような気がします笑

続きを読む "商品にもキラキラネームの波が来ているの?てか、キャッチコピーと同じなのか" »

2017/04/06

パイが縮小している本の事業をCCCはどうしようとしているのだろうか

3月中旬、徳間書店がCCCの子会社になる報道があった。
徳間書店といえば、アサヒ芸能とか、アニメージュとか、いろいろ有名な雑誌がある。
とはいえ、雑誌の市場は年々、縮小していると聞く。
ただ、紙の雑誌が減っているだけで、電子媒体としての雑誌はそうでもないという話もある。

こうしたパイが縮小している本の市場でCCCは何をしようとしているのだろうか。

続きを読む "パイが縮小している本の事業をCCCはどうしようとしているのだろうか" »

2017/04/05

そろそろ、時間で働くことを評価するのはやめた方がいいように思うのだが。

残業時間100時間を上限とする(未満だったな)法的な枠組みが出来上がりそうだが、そろそろ、時間で働くことを評価するのはやめた方がいいように思うのだが、これは偏見か。
サラリーマンをやめてしまった私のような人間だからこそいえることなのかもしれないな。

続きを読む "そろそろ、時間で働くことを評価するのはやめた方がいいように思うのだが。" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック