書籍・雑誌

2016/10/19

情けない話ですが、人間失格、読めないです

太宰治の「人間失格」。
古本屋で目に付いたので買ってみた。
名作というか、有名な本をあまり読まないのだから、ときどきはとも思った。

過去、夏目漱石の「こころ」は読んだことがあったが、結構、きつかった。
谷崎潤一郎とか、三島由紀夫とか、川端康成とか、読んだ方がいいのかもしれないなとも思う。
が、手を出していない。

続きを読む "情けない話ですが、人間失格、読めないです" »

2016/09/17

久しぶりにIT関連の本を書いてみたいと思っている

この4年ほど、書籍の執筆から離れています。
独立したてのころに書いた「要求定義がわかる本」という秀和システムさんから出していた本も2016年の春に絶版になり、これで当方が書いた本はすべて絶版状態に。。。

一部、細々と、デジタル書籍として販売を続けているものもありますが、物理的な本は流通在庫だけになっています。

続きを読む "久しぶりにIT関連の本を書いてみたいと思っている" »

2016/08/31

「あきない世傳 金と銀」という小説

普段、小説のことなど、ここには書かないわけですが、今後は少し書いてみようかと思います。
自社で原稿用紙を作り始めてから、小説を読み、その感想文を書くというのを少しだけやっております。
時々、「これは!」と思う小説に出会ったりするので、それを記録しておく意味でも書いてみようかと。

で、今回は「あきない世傳 金と銀」という高田郁さんが書いた小説です。
シリーズもので、現時点で2冊あります。

続きを読む "「あきない世傳 金と銀」という小説" »

2016/01/09

2016年は本を書こうかと思います。とても久しぶりですが、中小企業向けの本。

要求定義の本を書いてから、すでに10年くらいたったような気がします。
二版になってからもずいぶん経つように思います。
アマゾンではその二版も新品は買えなくなっていますので、そろそろ絶版なんだろうと思います。
そういえば、気づけば印税も来ていないような気がします。

続きを読む "2016年は本を書こうかと思います。とても久しぶりですが、中小企業向けの本。" »

2015/01/15

IT活用を考えている方々向けの連載をしています

今日はちょっと趣向を変えて、当方の宣伝です。

EnterpriseZineというところで、ウェブの連載記事を書いています。

儲けるITのための基礎知識

というものです。

続きを読む "IT活用を考えている方々向けの連載をしています" »

2014/06/29

当方の連載が始まりました

ネットの雑誌である、EnterpriseZineで、当方の連載が始まりました。

まずビジネスとお金のベースを学ぼう

ちょっと大げさなタイトルになっていますが、本当に基本的なことを展開していく予定です。
IT系のリーダーや開発者だけでなく、ITユーザー企業でも読みやすい内容にしていこうと思っています。

読む方によっては、「そんなこと、わかっているよ」という内容なのかもしれませんが、これからもっとビジネスとIT、そしてお金のことを学んでいこうという方に向けたものとしてご理解くださいませ。

さあ、問題は毎月ちゃんと連載を続けられるかですw

2014/06/23

ネットでの連載を開始することになりそう

来月から、ネット上で連載を始めることになりそうです。

お金とビジネスモデル、そしてITがどのように絡まっているのかというごく基本的な視点での連載です。

正式に決まりましたら、またお知らせします。

今日、ばたばたと1本目を書き上げました。実際には、企画をしっかりとしてあるので、本当に書くだけなんです。何を書くかは大体決めてあるので。

毎月1回、こういうことが起こるのかと思うと、いまから楽しみのような不安のような。。。

2014/01/27

久々にパソコン雑誌を買ってみました

某社のパソコン雑誌を久しぶりに買ってみました。
時間短縮術ということだったので惹かれて買ってみました。

スカイプや名刺管理のエイトといった定番のもの、無料WiFiサービスの紹介、無線ストレージ、ナビゲーションシステム、ネットワークプリントサービスなど、非常に多岐にわたった情報提供になっています。

確かにどれも便利そうなのですが、時間短縮になる感じはほとんどしません。確かに効率が上がりそうなものをありますが、それも必ずそれを使わなければならない、と言う感じでもありません。

続きを読む "久々にパソコン雑誌を買ってみました" »

2013/12/07

私、佐川が雑誌に掲載されます

扶桑社から来週月曜日に発行される予定の、

文具自慢

という雑誌に、私、佐川は手帳好きとして掲載される予定です。
さあ、皆様の反応はいかにw

2013/11/04

残念なお知らせ

とても残念ですが、当方の書籍、二つが絶版になってしまいました。

ひとつは昨年出したものでして、絶版が早い。参りました。
もうひとつは、すでに4年経っておりまして、かつ第二版になっているので、こちらは絶版でも仕方ありません。

絶版になるということは、やはり売れていないということでしょうから、反省です。
これから、もう少し立ったら、また書きたい欲求が生まれてくることを祈って、絶版を受け入れたいと思います。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ