« なぜ、パクリの品質って悪いんだろう。 | トップページ | 論語と算盤、あらためて読んだ »

2019/12/05

事業承継のお仕事

私は、再生支援、事業承継のお仕事と、廃業のお仕事はしていません。とはいえ、世の中のこれらの状況は中小企業に直接的にぶつかってくる事象なので、完全に避けて通ることは不可能です。

ある調査によると、事業承継せずに廃業を選択している理由は

  1. 自分の代でたたむつもりだった
  2. 事業に将来性が見えない
  3. 後継者候補がいない
  4. 事業に引き継ぐ価値がないと思った
  5. 足元の収益力が低い

といった理由があるそうです。

 

継続している事業で、お客様が付いている場合、事業に価値がまったくないということはないでしょう。実際に顧客がいて、ニーズが継続的にあるのであれば、そこに価値はあるでしょう。しかし、しぼんでいく市場では確かに継承する人にとって不幸であるということも言えそうです。難しいところです。

市場性がないかどうかというのは、なかなか判断が難しいところです。しかし、中小企業としてニッチな分野で生き残れる可能性も否定していないかということは気になります。また、今のやり方では難しいが、工夫をすれば市場を開拓できたり、縮小化する市場の中でシェアを高めていき、残存者利益を得られたりということはゼロではないでしょう。まあ、それを見極めるのが難しいのですけど。

そういう意味では、再生、事業承継とか、廃業は私の仕事と思っていませんが、良い意味での第二創業のようなものは支援したいと思っています。

« なぜ、パクリの品質って悪いんだろう。 | トップページ | 論語と算盤、あらためて読んだ »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ、パクリの品質って悪いんだろう。 | トップページ | 論語と算盤、あらためて読んだ »

最近のトラックバック