« Windows7、延長セキュリティアップデート、全ての法人ユーザーに | トップページ | ビジネスでも利他が最後には効くように思う »

2019/11/05

【創業】きっぱりとやめる、仕切りなおすという勇気も必要

創業支援の仕事をしていると、

「申し訳ないが、これは一回仕切りなおしたほうがいい」

という案件にでくわします。やる気はあるけど、

  • お金がない
  • 知識・経験がない
  • 計画性がない

の3つがそろっちゃっているケースがあります。

 

お金がない

自己資金が少なく、全部を借り入れでまかなおうとしているケースです。まず、借りられません。

時々、見せ金を用意してお金を借りて、見せ金を返した後、一気にきつくなってしまうというケースがあります。

自己資金が少ないことがよいことではないとわかっていても、自分のこのアイデアに金を貸さないなんてそっちがおかしいくらいの方もいらしたりします。そもそも、自分で金銭的リスクをとらないで借りようというのがなかなか厳しいわけです。

 

知識・経験がない

これは絶対ではないですが、あったほうが良いです。昨日までIT技術者だった人が、今日からは靴職人として開業したいなんてことはないわけです。

脱サラしてラーメン屋とかいうのが過去のパターンではありましたが、それはラーメンがすごく好きで全国的にラーメン店を回っていたとかいう違う経験があったりします。まったく、知識経験がないのはやはりリスクです。

フランチャイズへの加盟でその辺の知識経験を補完してくれるものもありますが、その場合にはお金が必要だったりします。加盟している限り継続的にフィーも発生しますので、そのあたりも考えなければなりません。

 

計画性がない

勢いだけで決めてしまい、計画性がまったくないケースもあります。これはお金がないというのと重なるのですが、計画性があれば、自己資金はある程度、貯めているもの。

 

この3つがそろってないケースは成功確率はだいぶ低いのではないかと予想します。仕切りなおすというのは、こうしたものの1つでも2つでもが解消されるまで待ち、きちんと立てることを確認してから創業でも良いのでは?という提案です。

まあ、そういう人はこの文章を読まないかもしれません笑

« Windows7、延長セキュリティアップデート、全ての法人ユーザーに | トップページ | ビジネスでも利他が最後には効くように思う »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows7、延長セキュリティアップデート、全ての法人ユーザーに | トップページ | ビジネスでも利他が最後には効くように思う »

最近のトラックバック