« 【日帰り散歩】小江戸川越 | トップページ | アナログメモをバカにしてはいけない3つの効用 »

2019/10/05

人材募集公告サイトだけに頼らないで、自社サイトの人材採用ページを充実する

人材不足と言われて、人手不足と言われて、久しい。法律が変わって、海外からの人材流入も増えそうではあるが、それでもなお、人が不足しているという話は周りでたくさん聞く。

人手不足の解消として直接的なのは、「雇用」であるのは間違いない。一方、無駄な仕事を減らしたり、仕事に優先順位をつけたり、生産性を上げたりするといった方法の方も忘れないで実行してほしい。

とはいえ、人がいればできることもあるのに、、、と思うことは人間である。

 

多くの場合、雇用しようと思ったとき、

  • 人脈を使う
  • 人材募集広告を出す
  • 紹介予定派遣などを使う

などの方法が考えられる。が、自社サイトの人材採用のページは、どうなっているか、あらためて見たことがあるだろうか。

仮に、人材募集広告を出してもそれをすべて鵜呑みにするわけではないだろうし、足りない情報を探すとなれば、社名を検索エンジンに入れたりするだろう。そのときに見つけたその会社のサイトを応募予定者は見るだろう。人脈を使うケースも同じだろう。

となると、自社サイトの人材採用のページはいい加減にできない。しっかりとどんな人材がほしいのか、自社は何を目指しているのか、条件はどんな条件なのか、誰が働いているのか、職場の環境や人間関係はどうなのか、社風は?など気になることはたくさんある。それを知らしめているかということだ。

「隠しておきたい」ということであれば、それは雇用される側にとっては「不審」を抱かせる。

インディードなどのサービスはまさにこの人材募集ページをまとめたものだと聞く。ということは、自社サイトの人材採用のページがいい加減だと応募もないということになるわけだ。もう一度見直してみてはどうだろうか。

« 【日帰り散歩】小江戸川越 | トップページ | アナログメモをバカにしてはいけない3つの効用 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【日帰り散歩】小江戸川越 | トップページ | アナログメモをバカにしてはいけない3つの効用 »

最近のトラックバック