« カーシェアもそうだけど、家電を借りるという考え方 | トップページ | いわゆるギグワーカーの補償、難しいところでもある »

2019/10/15

企業を標的にする詐欺メールに気をつけよう

この数年、企業を標的にする詐欺メールが横行している。BECとよばれ、ビジネスメール詐欺である。

具体的には、二つのパターンがあるらしい。

  1. 経営幹部を装って、経理担当者などに振り込ませる
  2. 取引先を装って、口座が変更になったなどと言って振り込ませる

いずれのパターンも、巧妙である。

 

何が巧妙化と言うと、普段からそれらの関係者のメールを盗み見ておくのである。ハッキングして、IDやパスワードを盗み取り、一定期間、メールを覗き見する。すると、その人のメールのやり取りが見えるから、書き方なども学習できる。

そして、満を持して詐欺メールである。

引っかかってしまうのは、「社内のガバナンスが効いていない企業」だろう。

たとえば、経営陣が「ここへいくら振り込め」と言ってきたとしても、ガバナンスが効いていれば、「社長、何のお金ですか?経理部長に確認しますので、お電話ください。」または、「金額が大きいので、経費申請を出してください」などと言える。

取引先が口座番号が変更になったと言ってきても、手続き上、そう簡単に変更できないようにしておけば良い。

中小企業の場合、個人レベルでのやりとりをしてしまうケースもあるだろうから、こうしたガバナンスが効いていないこともあるだろう。注意したい。

« カーシェアもそうだけど、家電を借りるという考え方 | トップページ | いわゆるギグワーカーの補償、難しいところでもある »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カーシェアもそうだけど、家電を借りるという考え方 | トップページ | いわゆるギグワーカーの補償、難しいところでもある »

最近のトラックバック