« 偽レビューを募集するほうも、応募するほうもどうかしてる | トップページ | フードデリバリー、つまり出前は軽減税率になるから、きっと外食より伸びるのではないか? »

2019/09/15

中高生だってそんなに捨てたものじゃない。ちゃんと認識している。

いまや、SNSやニュースサイトは、新聞やテレビといったマスメディアを上回ってニュースを配信している。

「ファーストニュース」などとも呼ばれているそうだが、確かに多くのニュースをそういったメディアで「消費」しているような気がする。ましてや中学生や高校生などは、新聞などは読まず、そうしたインターネット系メディアに依存しているのではないかとさえ感じる。

しかし、そうでない記事を見た。

 

だいぶ前の調査(MMD総研)なのだが、「ニュースをどこから得て、どの程度信頼しているのか」という統計を取ったものである。約7割の中高生がニュースはテレビからと答えているそうである。もちろん、ニュースサイトなども併用している。そして、60%の人たちがニュース番組を信頼していると回答した。SNSは10%にも満たない、9.9%である。

中高生だって、SNSのニュースを鵜呑みにしているわけではないことがわかる。ちゃんと認識しているのだ、インターネットメディアの不正確さや裏づけがないケースを。いわゆるフェイクニュースである。

これは学校で教育されているのだろうか。フェイクニュースのことを。それとも、フェイクニュースのこともテレビで学んだのだろうか。

私の息子はよく「池上彰」氏の解説番組を見たりしている。あれは勉強になる笑。そうしたところで正しい知識をつけてほしいものだ。とはいえ、そういったメディアでさえ、偏りがある可能性があるということもちゃんと理解しておいてほしい。インターネットほどではないにしても。

« 偽レビューを募集するほうも、応募するほうもどうかしてる | トップページ | フードデリバリー、つまり出前は軽減税率になるから、きっと外食より伸びるのではないか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽レビューを募集するほうも、応募するほうもどうかしてる | トップページ | フードデリバリー、つまり出前は軽減税率になるから、きっと外食より伸びるのではないか? »

最近のトラックバック