« 企業経営を車にたとえてみると | トップページ | セコマというコンビニエンスストアのフランチャイズが業界の異端児と言われることに違和感を感じた »

2019/09/07

自己研鑽しない日本人ビジネスパーソン?

テレビでも見たし、日経MJでも見た。アジア太平洋の14カ国を調べた調査結果。

自己研鑽していない人の割合が46%らしい。ダントツ。二位はニュージーランドで20%くらい。三位はオーストラリアでこちらも20%弱。日本は突出して高いですね。気質かなぁ。

 

終身雇用が壊れている現代で、同一企業の中だけで通用するようなスキルや政治力では到底、この先の環境変化に対応できないような気がします。新聞記事などでもグローバルに見たら日本の一人負けの将来が見えるとのこと。

日本の企業、特に大企業の場合、企業側が従業員を教育したり、研修したりして、スキルを高めるようにしますね。そこに甘えている人もいるような気がします。企業からすれば、育てたのに辞められてしまったりすると結構きつい。

全体の流れとしては、教育研修などせずに良い人材を、即戦力を雇用していくという流れになるとまさに自己研鑽していない人は就職できない可能性が高まるという方向になりますね。今が変化の過程だと信じたいところです。

« 企業経営を車にたとえてみると | トップページ | セコマというコンビニエンスストアのフランチャイズが業界の異端児と言われることに違和感を感じた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業経営を車にたとえてみると | トップページ | セコマというコンビニエンスストアのフランチャイズが業界の異端児と言われることに違和感を感じた »

最近のトラックバック