« 想像力のある従業員とそうでない従業員の差 | トップページ | 【日帰り散歩】長沼公園 »

2019/08/10

日本ではなかなか「公共図書館」は成立しないか

公共の図書館というと、日本では「公立図書館」を指し示すと思う。私立の「公共図書館」という概念はなさそうである。とはいえ、「私立図書館」はいくつかある(ウィキペディア)らしい。それでも20程度のようである。

ざっと見てみると、多くがカテゴリを絞ったり、著者を限定したりして書籍を収集し、それを展示しているようである。つまり、日本で言う公立図書館とは違い、「長嶋茂雄記念館」と同じような扱いと考えられる。

 

先日、あるところで、「海外には、公共図書館がある」と聞いた。この海外の公共図書館は、一般の人々や企業からの寄付で成立しているようで、中には入場料を取るところもあるらしい。貴重な文献がそこに収められているのであれば、入場料は維持する意味でも取るべきだろうと当方は考える。

日本にある「私立図書館」もそういう意味では貴重な文献を収集して、入場料を取っているのではないかと思われるものがあった。それはそれでいい。

日本は公立図書館が充実しているエリアがある。たとえば、私の住んでいる日野市は非常に図書館が充実している。私が住んでいるところからでも歩いていける距離に大きなものが2箇所もある。自転車を駆使すれば、さらに増える。

そういう意味では、私立の公立図書館は必要ないのかも知れない。先にある「限定的な貴重な書籍」をコレクションとして収集するほかはニーズがなさそうである。

子どもたちだけに向けた公共図書館なんて、夢みたいな話なのかも知れないな。

« 想像力のある従業員とそうでない従業員の差 | トップページ | 【日帰り散歩】長沼公園 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 想像力のある従業員とそうでない従業員の差 | トップページ | 【日帰り散歩】長沼公園 »

最近のトラックバック