« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月の記事

2019/06/30

過ちやちょっとしたずれに寛容であることは、やさしさと感謝を生み出す

どなたかの言葉ではないですが、人間、間違いはあるし、ちょっとしたずれはある。私も含め、多くの人は聖人君主にはなれないものだ。

 

相手が過ちを犯したり、ちょっとしたコミュニケーションのずれをひとつひとつとがめていたら、世の中、ギクシャクするし、物事がスムースに進まない。もちろん、殺人や強盗など、法的にも感情的にも倫理的にも許せないものも存在することは確かではある。

 

 

続きを読む "過ちやちょっとしたずれに寛容であることは、やさしさと感謝を生み出す" »

2019/06/25

要求を引き出す4つの方法には偏りがある

システム開発時に要求を引き出す方法は主に4つあります。ユーザー側から見て「受動的」か「能動的」かで区分すると、受動的なものとして、「ヒアリング・インタビュー」と「プロトタイピング」があります。能動的なものとして「ワークショップ」と「絵コンテ」があります。

 

それぞれ見てみましょう。

 

続きを読む "要求を引き出す4つの方法には偏りがある" »

2019/06/20

SNSで叩かれると、メンタルがいくら強くても、それは折れる

先般、友人がSNSで叩かれ、とても炎上しました。
私にはできることはほとんどなかったのですが、少し何か協力したいと思いました。

あることないことを書き込まれ、メンタルが強くても炎上すると通知がいっぱい来て、結構、折れるでしょう。
不用意な発言をするなというのは当然の言い草でしょうが、難しい面もあります。

 

続きを読む "SNSで叩かれると、メンタルがいくら強くても、それは折れる" »

残業規制、原則月45時間は守られているのか。

4月1日施行、新しい法的な残業規制から約2ヶ月半が経った。守られているか。

 

あらためて、その内容を確認しておきたい。

 

 

続きを読む "残業規制、原則月45時間は守られているのか。" »

2019/06/16

カルチベートチケットという制度を知った

先日、新聞で「カルチベートチケット」というものを知った。

演劇を開催する劇団などが観客から寄付を集め、その寄付を基にしてチケットを安く販売し、普段、あまり演劇などに興味を持っていない人たちにも見てもらおうというものらしい。

元々の考え方は、「カルチベートコーヒー」という100年も前に始まった「慈善」の考え方らしい。

 

続きを読む "カルチベートチケットという制度を知った" »

2019/06/15

くだらないAI実験

Quick, Draw!をご存知だろうか。
結構有名なので知っている人もたくさんいると思います。

 

とにかく、アクセスして見てみよう!やってみよう!

 

 

続きを読む "くだらないAI実験" »

2019/06/10

理想的な仕事は、好きX得意Xできるのところにあるのだが、、、

Img_20190104_070441sこの絵のように、理想的な仕事は、好きで、かつ得意で、同時にできることなんだろうと思う。

 

先日、ある中堅書店で本を購入したとき、レジの店員さんの態度が横柄で、また本を扱う作業がとてもぞんざいだったことをきっかけに、ちょっとこんな事を考えたのです。

 

「きっと、この人はこの仕事が嫌いなんだろうな」

 

と。

 

 

 

 

 

続きを読む "理想的な仕事は、好きX得意Xできるのところにあるのだが、、、" »

2019/06/05

在庫をかかえないこと、そして同時に価格を下げないこと。両方ができる方法を探す。

中小企業の経営を圧迫する要因のうち、「在庫過剰」と「安値販売」は大きな割合を占めるでしょう。ほかに、「顧客離れ」、「コスト上昇」、「競争力の低下」など原因はたくさんあります。

 

が、今回は、在庫をかかえないと同時に、価格を下げないことの両方を実現する方法を考えてみます。

 

 

続きを読む "在庫をかかえないこと、そして同時に価格を下げないこと。両方ができる方法を探す。" »

最近のトラックバック