« AI(人工知能)に対抗するには、EI(感情的知性)のアップが必要か | トップページ | 【日帰りさんぽ】国立駅から谷保駅へ、そして戻る »

2019/05/01

コインハイブが無罪。刑事罰ではそうなのかも知れないが、民事はどうなんだろう。

私は法律の専門家ではないので、きっとたくさんの誤解があるのだろうと思う。しかし、コインハイブを使ったサイト運営者が無罪になったにはなんとなく納得がいかない。刑事罰では無罪なのかも知れないが、民事ではどうなのだろうか。専門家の話を聞いてみたい気もする。

 

サイトの中にコインハイブを忍ばせて、閲覧者の同意を得ずにスクリプトを閲覧者のPCに設置、活動させることによってサイト運営者が利益を得るという構図。これは他人のパソコンを使って、自分が利益を得るわけだから、同意を得なければ損害を被った形にはならないのだろうか。

たとえば、そのコインハイブが動いている間、パソコンが重くなったとか、そのせいでワードが落ちて文書が使えなくなったとかいうことが起これば、それは損害を受けたことにはならないのだろうか。

もし、このサイト運営者が運営していたサイトにアクセスした人たちが集団訴訟を起こして民事裁判などになった場合、どうなるのだろうか。

ちょっと疑問があったので投稿してみた。まあ、自分が疑問に思っただけです。

« AI(人工知能)に対抗するには、EI(感情的知性)のアップが必要か | トップページ | 【日帰りさんぽ】国立駅から谷保駅へ、そして戻る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AI(人工知能)に対抗するには、EI(感情的知性)のアップが必要か | トップページ | 【日帰りさんぽ】国立駅から谷保駅へ、そして戻る »

最近のトラックバック