« 怪しいメールを見破る、たった1つの簡単な作業 | トップページ | 人手が足りなくて経営が悪化しているという結果 »

2019/03/15

B2B向け(少しC向け)のニュースレターを作ることによる効果を測定してみたい

今年は、いろいろ実験的なことをやってみようと思っています。実は、以前、Facebookに「ニュースレター」を掲載していたことがあります。ただ、あのときには、自分が愉しむためだけにやっていた気がします。そこで、今年は、きちんと効果を見るようにしたいと思っています。

どんなことを効果として見ていこうか、検討した結果を記録しておきたいと思います。

リーチ数とエンゲージメント

 まず、Facebookでやるわけですから、このリーチ数とエンゲージメントがどの程度、他の記事と違うのかをきちんと測定したいですね。月に1回程度のニュースレターでどの程度の違いが出るのか、これはちゃんと検証しておくべきでしょうね。

 全く違いがないのか、それとも大きな違いが出るのか。書き方によっても変わるのか、白黒でも良いのか、カラーのほうが良いのかなどなど。


週間のサイトへのアクセス数や問い合わせの数

 ニュースレター内に、ちゃんとサイトへのアクセス方法を書いておこうかと思います。そして、メールやFacebookのメッセージなどでの問い合わせもカウントしておきたいところです。一体、何本くらい来るのか。それとも全然来ないのか。


さらに深い反応

 さらに深い反応として、やはり売上だったり、ツイッターなども含めたコメントの数だったりはよく見たほうが良いでしょう。これらを記録して、年末くらいまでに公開できれば面白いかなと思っています。

 さて、どうなることやら。

« 怪しいメールを見破る、たった1つの簡単な作業 | トップページ | 人手が足りなくて経営が悪化しているという結果 »

販売促進」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 怪しいメールを見破る、たった1つの簡単な作業 | トップページ | 人手が足りなくて経営が悪化しているという結果 »

最近のトラックバック