« 累積的優位というハードルは、いわゆるスイッチを起こしにくくする | トップページ | 手帳について書かれた新聞記事を見て思ったこと »

2018/12/05

そろそろ、今年のまとめ、反省をしながら、最後のスパートをかける時期です

師走に入り、年末が迫ってきました。今年の反省をしながら、最後のスパートをかける時期です。

といっても、、、

そもそも、年初に計画を立てていないと反省もできませんね。何ができて、何ができなかったかという客観的チェックができませんから。年初に戻ることはできませんから、来年こそは計画を立ててください笑

計画を立てていた方は、反省しましょう。何ができなかったのか。来年それをするべきか。もし、スパートをかければ追い込めるなら、追い込みましょう。

年末年始というのは人間が勝手に決めた区切りではありますが、そういう区切りが存在することで私たちは日々、やるべきことをやれるのかもしれません。ただ、一方で、年末までにできなかったからといって時間がとまるわけではないので、継続的に進めるという意識も一方では必要ですよね。

最後の1ヶ月、そういうつもりで進んでみてはどうかと自分にも言い聞かせています。

« 累積的優位というハードルは、いわゆるスイッチを起こしにくくする | トップページ | 手帳について書かれた新聞記事を見て思ったこと »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/67290148

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ、今年のまとめ、反省をしながら、最後のスパートをかける時期です:

« 累積的優位というハードルは、いわゆるスイッチを起こしにくくする | トップページ | 手帳について書かれた新聞記事を見て思ったこと »

最近のトラックバック