« レビューメーターなる、商品レビューの真偽を数値化するサービスがあるらしい。 | トップページ | 携帯電話ネットワークが届かないところでも、IoTをうまくやる方法 »

2018/11/10

今のところ、ステンレスの万年筆だけしかほぼ使っていないけど、将来は金ペンになるのかな

この何年かで万年筆を使っているのだが、その幾つかを紹介したい。といっても、私は高いものは今のところ使っていない。一番高いものでも1.2万円である。1万2千円である。

一番安いのは、知られている「kakuno」というシリーズ。これを何本か持っているが、まともに使っているのは1本だけ。キャップがオレンジ色のものである。インクもオレンジを入れてある。

続いてよく使うのは、パイロット社のプレラというシリーズ。こちらは、oeste会という関西の文具店が集まったところで作っていた限定品を2本持っている。青と緑である。それぞれ同じ色のインクが入れてある。

それから、コクーンというシリーズ。こちらが実は万年筆を使い始めたとき、初めて入手したもの。グレーのものと、限定色のマーブルのようなグリーンを持っている、。

そして一番使うのは、今はLAMYのステューディオというシリーズの2017年限定色の深緑である。インクも名古屋の三光堂さんの東山グリーンというのを入れてある。深緑である。

ほかに、パイロット社のカバリエ(旧版)とプラチナのホワイトゴールド14kのペン先を持っているが、こちらの二つは準レギュラーになっている。

また、そのうち、使っているものが変わってきたらブログに書いてみるか。

« レビューメーターなる、商品レビューの真偽を数値化するサービスがあるらしい。 | トップページ | 携帯電話ネットワークが届かないところでも、IoTをうまくやる方法 »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66960937

この記事へのトラックバック一覧です: 今のところ、ステンレスの万年筆だけしかほぼ使っていないけど、将来は金ペンになるのかな:

« レビューメーターなる、商品レビューの真偽を数値化するサービスがあるらしい。 | トップページ | 携帯電話ネットワークが届かないところでも、IoTをうまくやる方法 »

最近のトラックバック