« 見込み客とのコンタクトを管理し始めた。効果が出るかどうか、進めて行く | トップページ | 金融機関からのプロパー融資を目標にしている経営者に会った »

2018/05/30

まさか、偽装派遣が増えたりしないだろうなと不安になる特定派遣の廃止

あと4ヶ月。9月の末には特定派遣制度が廃止される。3年前に派遣法が改正されて特定派遣制度が廃止になりましたが、猶予期間が3年間ありました。それもこの9月末に終わるということです。

特定派遣だけをやっている中小零細のIT関連企業は少なからずあるはずです。彼らはどうしていくのだろうか。

方向性として考えられるのは、3つ。

1.一般派遣に鞍替えする
2.派遣事業をやめ、請負の仕事にシフトする
3.派遣事業をやめ、準委任契約での仕事にシフトする

ほかにも、そもそも事業をやめるというのもあるわけだが、それはここでは考えないことにする。

1や3の場合は、通常の一般労働者派遣業者と競合することになるかと思う。また、1の場合は、まず認可を得なければならないわけだから、そのハードルを越えられるかどうかがある。純資産が1事業所当たり2千万円以上、預金も1500万円以上必要とのこと。なかなかのハードルである。

3の場合は、正直、派遣契約とかなり近く、見た目で差がわからないだろうと思う。偽装請負ということにもなりかねないだろうし。

2の場合は、法的な問題はない。といっても、顧客のところに常駐したりすると偽装請負ということになりかねないので、注意が必要だろう。

さて、中小零細のIT関連企業で特定派遣だけをやっているケース、今後、どういう方向に行くのか。

« 見込み客とのコンタクトを管理し始めた。効果が出るかどうか、進めて行く | トップページ | 金融機関からのプロパー融資を目標にしている経営者に会った »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66536300

この記事へのトラックバック一覧です: まさか、偽装派遣が増えたりしないだろうなと不安になる特定派遣の廃止:

« 見込み客とのコンタクトを管理し始めた。効果が出るかどうか、進めて行く | トップページ | 金融機関からのプロパー融資を目標にしている経営者に会った »

最近のトラックバック