« RFPをSIerに作らせて、そのSIerに発注して、トラブルが起こって訴訟を起こす | トップページ | なんと、プログラミングの本を読み始めました。血迷ったか。 »

2018/05/20

書類として作成したビジネスプランがある方がプランがない創業者より実現可能性が16%高い

ハーバードビジネスレビューに掲載されていたコラムにあったのが、この話です。計画を作った方がいいということを物語っているようです。
スタートアップにはスピードが必要だから計画なんて作っている暇があったら、、、なんていう議論もあるようですが、わたし個人は作った方がいいと思っています。
そして、自分自身も毎年のように計画は作っています。

ただし、計画を作るだけではダメだろうと思います。大切なのは、それを意識すること。計画を作って作りっぱなしでは話になりません。

計画を作り、意識することで、常に目標達成に集中できるのだろうと思います。

計画がきちんと進むためには、何に優先度を与えて実行すべきかということもわかるようになります。まったくなんの計画もないままに動くのは、いきあたりばったりというのではありませんか。

« RFPをSIerに作らせて、そのSIerに発注して、トラブルが起こって訴訟を起こす | トップページ | なんと、プログラミングの本を読み始めました。血迷ったか。 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66476786

この記事へのトラックバック一覧です: 書類として作成したビジネスプランがある方がプランがない創業者より実現可能性が16%高い:

« RFPをSIerに作らせて、そのSIerに発注して、トラブルが起こって訴訟を起こす | トップページ | なんと、プログラミングの本を読み始めました。血迷ったか。 »

最近のトラックバック