« 全ての事情をくみ取って経営者保証をはずすというのはなかなか難しい | トップページ | FIDO認証、広がるのかなぁ。広がると楽になるのかなあ。 »

2018/04/10

今までが安すぎたのか、物流費の上昇が止まらないのではないかという不安

先日、新聞で出版関係の物流がとてつもないことになっているという記事を読んだ。出版の物流はなかなか特殊らしいのだが、そんな中、どうにかして本を移動させないことには出版業界は話にならない。記事では、

1.そもそも対応してくれる物流業者がいなくなってきている
2.いても、とてつもない値段になっていて、依頼できない

ということのようである。

個人や中小企業レベルでいうと、いわゆる宅配便の対応をしてくれる業者のおせわになるわけだが、そうした物流も費用が上昇している。さすがに、宅配便が「お宅の荷物は受けられません」とか、急きょ、「価格が2倍になりました」などと言うことはないが、いずれ、再びの値上げがあるのではないかとも思う。

企業が存続していくためには、この物流費を消費者や顧客に転嫁していかないとやっていけない。転嫁というと言葉が悪いかもしれないが、負担は求めていかないと、物流費で赤字になってしまう。

企業からすると物流費が上がると、顧客が離れるのではないかという不安もあるから、自分だけ上げるというのはなかなかできなかったりする。難しいところである。

ただ、当社はできる限り、お客様に物流費を負担してもらうように今後は変えていこうと思っている。そうしないと、当社がつぶれてしまうし、物流業者も疲弊してしまう。むしろ、物流費を支払っても欲しいと思ってもらえる商品づくりや販売促進をしっかりしていくことが重要なのだろうと思う。

物流費に負けないようにがんばりたい。

« 全ての事情をくみ取って経営者保証をはずすというのはなかなか難しい | トップページ | FIDO認証、広がるのかなぁ。広がると楽になるのかなあ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66386381

この記事へのトラックバック一覧です: 今までが安すぎたのか、物流費の上昇が止まらないのではないかという不安:

« 全ての事情をくみ取って経営者保証をはずすというのはなかなか難しい | トップページ | FIDO認証、広がるのかなぁ。広がると楽になるのかなあ。 »

最近のトラックバック