« ビジネスアイデアを考えるのは、そう簡単ではない。が、ひらめきは否定できない。 | トップページ | 店舗の陳列を考えたパッケージというのも重要だなと反省している »

2018/04/30

事業を環境に合わせて変化させていきながら、顧客には迷惑をかけないって難しい

事業環境は日々刻々と変わっていきます。今の時代は流れが速いから、昨日流行っていたことが、今日にはもう流行遅れだったりします。いや、午前中に流行っていたことが午後にはもう流行遅れかもしれません。

そんな中で、中小零細企業が生き残っていくためには、事業を環境に合わせて変化させることが必要なんだろうと思います。

まあ、もちろん、今日の仕事を明日変えるというのは難しいわけですから、その準備をしながらリスクを回避していくというのが手段でしょう。私には、そういう事業があるかな。

これまでも今も、経営コンサルティングと称して仕事をしているわけですが、同時に研修講師の仕事をしたり、執筆の仕事をしたり、はたまた文房具を企画販売したりしているわけです。ここには相乗効果があると思ってやっていますが、これも事業環境が変われば、変化させなければならないのだろうと思います。

もっとも大きな課題は、事業が変化したとき、現状の顧客に迷惑がかからないようにすることです。文房具なら消耗品である製品もありますから、継続性が求められることもあります。実際には、なくなったら他の代替品を探すということを顧客がするのかもしれませんが、それでも一時的には迷惑です。

その辺をどう考えながら、事業を環境に合わせていくかというのが難しいところなのかもしれないですね。

« ビジネスアイデアを考えるのは、そう簡単ではない。が、ひらめきは否定できない。 | トップページ | 店舗の陳列を考えたパッケージというのも重要だなと反省している »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66424021

この記事へのトラックバック一覧です: 事業を環境に合わせて変化させていきながら、顧客には迷惑をかけないって難しい:

« ビジネスアイデアを考えるのは、そう簡単ではない。が、ひらめきは否定できない。 | トップページ | 店舗の陳列を考えたパッケージというのも重要だなと反省している »

最近のトラックバック