« いまだにある、優越的地位の乱用などの独禁法違反のとなる取引 | トップページ | 今までが安すぎたのか、物流費の上昇が止まらないのではないかという不安 »

2018/04/08

全ての事情をくみ取って経営者保証をはずすというのはなかなか難しい

先日、経営者保証がない状態での借り入れをしたいという相談を承りました。私は裏技は知らないので、いわゆる経営者保証ガイドラインの話をし、このハードルが越えられないのであれば、あまり他の選択肢はない旨を説明させていただきました。

その経営者の事情を聞くと、「事業が健全であれば、このケースは保証人無しでも貸してあげて欲しいな」と思うようなものでしたが、そういった事情をひとつひとつ聞いていたら、金融機関の仕事や保証協会の保証制度が成り立たなくなるのかもしれません。

以前、このブログでも経営者ガイドラインの話は書いたのですが、その後、状況は大きく変わっていないと思います。

経営者ガイドラインをよく読まずにいらっしゃる方が多く、単に「代表者の保証人を外せるらしい」ということだけの情報で相談にいらして、失望して帰るということが既に複数の相談でありました。

額が小さければ、マル経融資-保証人、担保が不要-も検討してみてはどうかとは思います。

« いまだにある、優越的地位の乱用などの独禁法違反のとなる取引 | トップページ | 今までが安すぎたのか、物流費の上昇が止まらないのではないかという不安 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« いまだにある、優越的地位の乱用などの独禁法違反のとなる取引 | トップページ | 今までが安すぎたのか、物流費の上昇が止まらないのではないかという不安 »

最近のトラックバック