« 0と1の違いと、5と6の違いは数学的には同じ。では、、、 | トップページ | 擦り切れない事業運営を目指して行きたいと思っています »

2018/03/25

古いメディアは自身のメディアになってきたSNSをどう扱っていくのか

タイトルが分かりにくくなって申し訳ないです。
新聞やテレビニュースなどの古いメディアは、自身の提供情報を自身のメディア--つまり、新聞なら新聞という媒体、テレビなら放送という媒体--を通じてこれまで提供してきました。そして、今でも提供しています。

しかし、一方で、それらの情報をSNSやキュレーションサイトというところは、自社のホームページを通じて提供したり、一部はリンクだけを提供したりしています。

つまり、古いメディアが作り出した情報--実際には事実をきちんと伝えるための記事といった方がいいかも--をそれらの古いメディアが持つ媒体ではないところで拡散されていくという現代になっていると思います。
Facebookやツイッターなどは、まさにそういう媒体で、記事がタイムラインに挟まってきますよね。

古いメディアはそのニュースコンテンツに価値があるならば、それを続けていき、媒体は捨ててしまうという方法もあるかもしれません。もちろん、自社が持つインターネット媒体まで捨ててしまうと、キュレーションされなくなってしまうので、そこは捨てられないでしょうけど。。。

SNSがそうしたキュレーションに興味がなくなったとき、古いメディアはそうした媒体を使えなくなる可能性があります。そのとき、彼らはSNSをどう扱っていくのでしょうか。リスクとして認識しているのかどうかわかりませんが、完全に媒体を捨てるというのは難しいのでしょうか。戦略を考え直す時期に来ているように私は思いますが、どうしたらいいのかはわかりません。

« 0と1の違いと、5と6の違いは数学的には同じ。では、、、 | トップページ | 擦り切れない事業運営を目指して行きたいと思っています »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66374323

この記事へのトラックバック一覧です: 古いメディアは自身のメディアになってきたSNSをどう扱っていくのか:

« 0と1の違いと、5と6の違いは数学的には同じ。では、、、 | トップページ | 擦り切れない事業運営を目指して行きたいと思っています »

最近のトラックバック