« ユーザー会のインパクトはすごいと実感している | トップページ | 古いメディアは自身のメディアになってきたSNSをどう扱っていくのか »

2018/03/22

0と1の違いと、5と6の違いは数学的には同じ。では、、、

世の中になかった事業を起こしたことと、世の中にある事業を改善したことは同じか?
だいぶ違いますよね。

ゼロだったものを1にすることの大変さを知っている人は、5を6にする大変さと同じだなんてことは言わないでしょう。

逆も言えると思います。ゼロだったものをゼロに押さえていることと、5であるものを5のままにしておくことは違うのではないかと。
もう少しいうと、ゼロだったものがなにかのきっかけで1になってしまったことと、5だったものが6になってしまうことには差がありませんか?

単に、数字で考えれば、その差は常に「1」ですが、その「1」が事実としては大きく違うと思いませんか。

しつこいけど、他の例を挙げよう。

無借金経営でずっときている企業がお金を100万円借りるという心理的ハードル

既に3000万円借りていて、そこに100万円を借り足すという心理的ハードル

どちらが大きいだろうか。もちろん、売上高とかそういうことも関連するから一概には言えないけど、仮に売上高とか、企業規模とかそういうのが同じだったとしたら。。。

ゼロと1の違いは、5と6の違いとは違うんだと私は思います。同じ1でも違うと思いませんか。

« ユーザー会のインパクトはすごいと実感している | トップページ | 古いメディアは自身のメディアになってきたSNSをどう扱っていくのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66485221

この記事へのトラックバック一覧です: 0と1の違いと、5と6の違いは数学的には同じ。では、、、:

« ユーザー会のインパクトはすごいと実感している | トップページ | 古いメディアは自身のメディアになってきたSNSをどう扱っていくのか »

最近のトラックバック