« ブランドプランナーとか、CBO(Chief Branding Officer)とかいう職位があるメーカー | トップページ | Amazonの独占禁止法違反(優越的地位の濫用)の疑いに関する中小企業への影響 »

2018/03/15

ジャパンディスプレイのような連合国は、ドラスティックな判断ができない

液晶大手企業が政府の掛け声で作った(作らされた?)ジャパンディスプレイ。経営的に厳しいという記事を新聞で読んだ。新聞には、国内生産によるコスト高騰があり、売上はある程度あるものの、赤字が続いているということが書いてあった。

そもそも、それは設立当初からわかっていたのでは?とも思った。

ジャパンディスプレイは、大手企業が出資していることもあるから、

・それぞれの株主の思惑が違う
・結果、綱引きをして何も決まらない
・図体もでかいので動きが鈍い

など、大企業病が設立当初からあったんだろうと思われますね。えー、個人的予想であって、実際には違うかもしれないけど。。。

翻って中小企業の場合はどうか。ドラスティックな判断ができないサイズになってしまっている企業もあるかもしれないが、小企業、零細企業と言われるところは、サクッと戦略を変えられる可能性もある。それが一番の強みだと思う。

ただ、「心」が邪魔をするケースはある。小さいがゆえに、心が邪魔をする。難しいところである。

« ブランドプランナーとか、CBO(Chief Branding Officer)とかいう職位があるメーカー | トップページ | Amazonの独占禁止法違反(優越的地位の濫用)の疑いに関する中小企業への影響 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66348133

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンディスプレイのような連合国は、ドラスティックな判断ができない:

« ブランドプランナーとか、CBO(Chief Branding Officer)とかいう職位があるメーカー | トップページ | Amazonの独占禁止法違反(優越的地位の濫用)の疑いに関する中小企業への影響 »

最近のトラックバック