« 経営者の代表者が法人借入の保証人にならないために求められること | トップページ | あなたのところにも送られてきましたか?「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」 »

2018/02/10

条件付保証契約とは何かを調べてみた(私は弁護士ではないので詳しくはないが)

どうも、条件付保証契約には「停止条件付保証契約」「解除条件付保証契約」の二種類があるということがわかった。
これは、経営者保証に関するガイドラインに出てくるものである。
経営者保証を外す際、どういった方法の契約になるのかの一つの方法である。

どちらの保証契約も、特約事項に抵触することがなければ、保証する必要がないというものであるようだが、違いがあるようだ。

停止条件付保証契約は、特約事項に抵触すると保証することが必要になる契約。
解除条件付保証契約は、特約事項を充足している限り保証する必要がない契約。

とのこと。難しい。

停止条件の方は、たとえば、「経常損失が何パーセントを上回らない」とかの条件ならその条件に抵触しなければいいということになります。解除条件の場合には逆で「経常利益が何パーセント以上」を満たす間は保障しなくていいと言うことになるのかな。

マイナスか、プラスかという感じでしょうか。ただ、法的に言うとまた違うことがあるのかもしれません。

« 経営者の代表者が法人借入の保証人にならないために求められること | トップページ | あなたのところにも送られてきましたか?「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」 »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66243633

この記事へのトラックバック一覧です: 条件付保証契約とは何かを調べてみた(私は弁護士ではないので詳しくはないが):

« 経営者の代表者が法人借入の保証人にならないために求められること | トップページ | あなたのところにも送られてきましたか?「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」 »

最近のトラックバック