« 先行者不利益、先行者利益、さて、自分の事業は一体どちらだろうか。 | トップページ | 小売店での販売促進方法は多種多様あるが、基本に力を入れるだけでも違うと思う »

2018/01/25

あらためて、目指す姿から今やるべきことを導き出す必要性を感じた

目標なんて持ったって仕方ないという向きもあるようですが、私はやはり目標は持ちたい。
目指すべき姿から今やるべきことが何かと考えた方が行動に制限が出てくると思うのです。制限が出てきちゃダメじゃんというご意見も甘んじて承ります。が、私の場合、あれもやりたい、これもやりたいとなってしまうので、少し制限があった方が良いんです。

よく、「ベクトルを合わす」と言いますが、あれは複数の人間がある目的を目指す際に使いますね。でも、あれ、ひとりでも必要なんじゃないかと思うんですよ。

「今、俺は何をしているんだろう」と思うことって誰しもあるように思いますが、それは実際の姿の自分と目指すべき姿の過程にある自分との間にギャップが感じられるからなんじゃないかと思ったりします。
結果、目指す姿からその道筋を考えて、少しずつ崩していき、今目の前にある、これをやるべきか、そうでないのかを判断できるようにしたい。そして、今、自分がその目指す姿からどのくらい離れているかも知りたい。

自分自身がそうなんだけど、他の人を見てもそう思うことがある。でも、それは私の思い過ごしで、相手にとってはそうは思えていないのかもしれない。自分のことは自分が良く知っているという人に限ってそうでもない気もするが、それはその人の勝手なので、私がとやかく言うことじゃないかもしれない。

自分は自分の道を行くけど、目指す姿から目を離さないようにしないとな。

« 先行者不利益、先行者利益、さて、自分の事業は一体どちらだろうか。 | トップページ | 小売店での販売促進方法は多種多様あるが、基本に力を入れるだけでも違うと思う »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66216733

この記事へのトラックバック一覧です: あらためて、目指す姿から今やるべきことを導き出す必要性を感じた:

« 先行者不利益、先行者利益、さて、自分の事業は一体どちらだろうか。 | トップページ | 小売店での販売促進方法は多種多様あるが、基本に力を入れるだけでも違うと思う »

最近のトラックバック