« 2018年は毎日書くか、わかりません。 | トップページ | 再び、要件定義の本を書いてみたいという欲求がありますが、どうなることやら。 »

2018/01/02

エレファントカシマシが紅白歌合戦に出たこと、感慨深い

私は熱狂的なエレファントカシマシファンではありませんが、大学生のころ聞いていたエレファントカシマシの音楽がNHKの紅白歌合戦に出たことは感慨深い感じがします。
ボーカルの宮本さんに叱られるのが怖くて、いけなかったライブを思い出します。

私が大学生だったときに聞いていたエレファントカシマシの曲で、最も印象に残っているのは、

「上野の山」

でした。ゆったりとしたリズムの中に、宮本さんの激しいボーカル、ぐだっとしたギターなどの感じがとても好きでした。何よりも歌詞が心の声を代弁してくれているようで、とてもしっくり来たと同時に、「なんなんだ、この曲は!」と衝撃を受けたことを覚えています。

今のエレファントカシマシの楽曲にもアルバムを買うと、その流れが感じられる曲が入っていたりします。しかし、「悲しみの果て」あたりから、宮本さんの歌詞はそのままに、ボーカルとしては落ち着いた音楽に変わってきたんだなと思っています。

「桜の花舞い上がる道を」

という歌がありますが、私個人は、この歌を先の「上野の山」とセットで考えています。同じことを感じている人はエレファントカシマシのファンならきっとたくさんいるんだろうと思います。

これからも熱狂的ではないにしても、エレカシをよく見ていきたいと思います。彼らの生きざまを見るのがなんとなく好きなんです。

« 2018年は毎日書くか、わかりません。 | トップページ | 再び、要件定義の本を書いてみたいという欲求がありますが、どうなることやら。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66227311

この記事へのトラックバック一覧です: エレファントカシマシが紅白歌合戦に出たこと、感慨深い:

« 2018年は毎日書くか、わかりません。 | トップページ | 再び、要件定義の本を書いてみたいという欲求がありますが、どうなることやら。 »

最近のトラックバック