« タイムシフト視聴率って、広告主にとって価値があるのだろうか。 | トップページ | SNS映えをAIが診断してくれる仕組み »

2017/12/07

実践を伴わないと、知識が入りにくいということはある

本で読んだ知識をそのまま実践しようとすると失敗したりする。が、失敗することによって得た情報で次は成功できることも十分にある。実践が重要だということである。

当方が要求定義の研修をする際、必ず実践してもらう場面を作る。実践が伴わないと頭だけで理解していて、知識が定着しにくいと思うからである。実際、そうだと思う。

実践が伴うことによって失敗したり、新しい気付きを得たりして知識が定着する。記憶に残る。そういう研修を目指していきたい。

現場で実践して、それをもって研修に来る人もいる。これはこれでいいことだと思う。現場で困っていることを研修内で少しでも改善できれば、現場の改善につながるから。正直、研修だけではどうにもならないようなものもなかにはあるのであるが。。。

« タイムシフト視聴率って、広告主にとって価値があるのだろうか。 | トップページ | SNS映えをAIが診断してくれる仕組み »

要求定義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66099990

この記事へのトラックバック一覧です: 実践を伴わないと、知識が入りにくいということはある:

« タイムシフト視聴率って、広告主にとって価値があるのだろうか。 | トップページ | SNS映えをAIが診断してくれる仕組み »

最近のトラックバック