« Amazonの無線鍵の話を聞いて、他人が家の鍵を開ける可能性について考えてみた | トップページ | スマホアプリでお金が借りられる時代、これはいいのだろうか。 »

2017/12/11

いまだにあるのか、ホームページのリース詐欺まがいの契約

中小企業に向けて、ホームページのリース契約を結ばせて、サイト構築させるという詐欺まがいの契約がまだあるらしい。知らない人がいる限り、続くのだろうか。

要はこうだ。

1.ホームページを開設しますという営業が来る。
2.200万から300万と言う高額な見積もりが出される。
3.難色を示すと、初期費用はゼロで、リース契約ができるから分割払いだと言う。
4.リース契約だから月々の支払いが5~7万円程度になるため、契約してしまう。

しかし、、、

この契約の問題点はいくつかある。

1.本来は役務にリース契約は結べないから、構築役務への支払いではなく、何かを買ったように装う。本来的にはおかしいと思う。

2.いまどき、ホームページの構築--せいぜい、10ページくらいのサイト--に300万円も請求するのは高額すぎる。契約の自由だから、文句を言う筋合いのものではないが。

3.リース契約は途中で解約できないものが多いので、5年程度はそのホームページに縛られる。自由度がない場合には、困る。

そもそも、50万円でもできるようなものを4~6倍の値段で売りつけるのも節操がないと思うが、売る人はどう思っているのだろうか。難しいなぁ。

« Amazonの無線鍵の話を聞いて、他人が家の鍵を開ける可能性について考えてみた | トップページ | スマホアプリでお金が借りられる時代、これはいいのだろうか。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66108404

この記事へのトラックバック一覧です: いまだにあるのか、ホームページのリース詐欺まがいの契約:

« Amazonの無線鍵の話を聞いて、他人が家の鍵を開ける可能性について考えてみた | トップページ | スマホアプリでお金が借りられる時代、これはいいのだろうか。 »

最近のトラックバック