« スマートフォンでの決済ができないと店舗に入れないという店が中国にはあるらしい | トップページ | 現場を知らない人に経営を任せてもいいかどうかなんて、ケースバイケースでは? »

2017/11/12

特定カラーの文具や雑貨を愛する人々の集いというのをやってみた

Received_1024339404375833s司会をやっている私の写真です(笑)

「特定カラーの文具や雑貨を愛する人々の集い」というのを蔵前4273でやってみました。20人ほどの方々に集まっていただき、色に関する話をみんなでしてみました。


今回は、私、深緑普及連盟と、日本茶色普及協会、シャイニーレッドの方、そしてオレンジャーの方の4名でトークショーをやってみました。人それぞれ、思い入れがあるものです。

はじめに参加者の方々に自己紹介をしていただきましたが、その際、どの色が好きなのか、または思い入れなんてねぇ(笑)という方もいらして、それはそれでよかったのかなと思います。

Received_1024339331042507s


さて、トークでは、、、

茶色の小野さんからは、「茶色はすべての人間に関係する色だ」という発言がありました。何せ土の色ですからね。小野さんは野球をやっていたことから(内野手だったそうです)、グランドの土は身近だったとのこと。外野手だったとしたら、ミドラーになったのかもしれないなと思いました(笑)

シャイニーレッドの福島さんは、サラサのシャイニーレッドがお好きで、これを広めています。ピンポイントです(笑)
それから福島さんはねこ文具を広める活動もされており、今度、ねこ文具の本も出すらしいです。

オレンジャーの飯窪さんは、ミッフィーのオレンジから始まり、いろいろなものがオレンジになっているそうです。今度、オレンジに関する団体を作りそうです(笑)
参加者の中にも強力なオレンジャーがいらして、飯窪さんと意気投合していました。

他に会場には、ターコイザーやピンカーなどもいらっしゃいましたが、やはり一番多かったのは、ミドラーです!(手前味噌)。

イベント内では、スマホにインストールできるDICカラーガイドを使って、自分の好きな色がDICの何番なのかなんていうことを言い合ったりして、変な盛り上がりを見せました。

今回来られなかったという方から、2回目もよろしくなどと言っていただいていて、ありがたい限りです。また、今回参加した方からもおもしろかったからまたやろうと言ってもらっています。ありがたいです。

またやりたいと思います。

« スマートフォンでの決済ができないと店舗に入れないという店が中国にはあるらしい | トップページ | 現場を知らない人に経営を任せてもいいかどうかなんて、ケースバイケースでは? »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/66033277

この記事へのトラックバック一覧です: 特定カラーの文具や雑貨を愛する人々の集いというのをやってみた:

« スマートフォンでの決済ができないと店舗に入れないという店が中国にはあるらしい | トップページ | 現場を知らない人に経営を任せてもいいかどうかなんて、ケースバイケースでは? »

最近のトラックバック