« 移動スーパー、採算性が問題らしいけど、買い物難民を減らすために必要なのかも | トップページ | 宅配ロッカーや置き荷はやはり難しいのだろうか。 »

2017/10/30

再アプローチの重要性に気づいているのに、なぜ行動できないのか

頭ではわかっている。新規客を獲るよりも、既存客にリピートしてもらう方がコスト面では有利であると。ハードルも低く、効率も良いと。しかし、再アプローチを積極的にしないケースが散見される。うちも含めてである。

また、離反客を引き戻すのはなかなか難しいと思われがちだが、新規客を掘り起こすよりは簡単なケースもあるだろう。離反の仕方がひどいとそうもいえないが。。。

いずれにしても、一度、注文をもらったお客様にリピートしてもらえるような施策を打っているのかと自問すると、やっていないケースが多かったりする。リピートを2回してもらえれば、つまり三回お店に来てもらえれば、ハードルはぐっと下がって、さらに顧客はリピートするとも言われている。

これを考えると、いわゆるポイントカードはこれを狙ってきたわけである。今は顧客のデータをきちんと取得する方法ではあるが。

この有用性に気づいているのに、どうして私たちは行動できないのだろうか。そもそも、そういう考えがないのだろうか。あるんだが、面倒だと切り捨てているのだろうか。ちょっと考えねばならなそうだ。

« 移動スーパー、採算性が問題らしいけど、買い物難民を減らすために必要なのかも | トップページ | 宅配ロッカーや置き荷はやはり難しいのだろうか。 »

販売促進」カテゴリの記事

顧客管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65911291

この記事へのトラックバック一覧です: 再アプローチの重要性に気づいているのに、なぜ行動できないのか:

« 移動スーパー、採算性が問題らしいけど、買い物難民を減らすために必要なのかも | トップページ | 宅配ロッカーや置き荷はやはり難しいのだろうか。 »

最近のトラックバック