« 連合調べの非正規雇用の女性には経済的ゆとりがないという調査に対する記事、曲がってないか? | トップページ | 給与アップや家族との関係が変化しない状態でのプレミアムフライデー »

2017/10/25

相変わらずの安売り神話。安ければ顧客が買うということはないと自分にも言い聞かせたい。

安くないと顧客が買わない、、、
安いから顧客は買う、、、

と思っている経営者、マネージャーが多い。と感じる。
違うと思う。

安ければ買うということはない。

必要だから買う。欲しいから買う。ではないか。

買う際に、安い方がいいとは思うかもしれないが、それは時間的余裕がある時だろう。
その場で欲しいと思わせれば、その場で顧客は買う。

理想論である。
特に、B2Bでは。

B2Bの場合、見積もり合わせを必ずと言っていいほどする。
見積もり合わせされないためには?
独自仕様の差別化された製品を作って売ることになる。

きっと何か手がある。安売りしない手が。
もちろん、ぼったくりは良くないと思う。売り手、買い手両方が納得する値段がいい。

難しいが工夫を凝らしたい。

« 連合調べの非正規雇用の女性には経済的ゆとりがないという調査に対する記事、曲がってないか? | トップページ | 給与アップや家族との関係が変化しない状態でのプレミアムフライデー »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65811031

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずの安売り神話。安ければ顧客が買うということはないと自分にも言い聞かせたい。:

« 連合調べの非正規雇用の女性には経済的ゆとりがないという調査に対する記事、曲がってないか? | トップページ | 給与アップや家族との関係が変化しない状態でのプレミアムフライデー »

最近のトラックバック