« プレゼント応募はがきに書いてあるお世辞をそのまま取ってはいけないと思う | トップページ | 我が道を行った人を外から邪魔するような輩は本当に下衆だと思う »

2017/10/01

安ければ売れるという幻を追ってはいけないし、今は追う時代ではない

「たくさんの方に使って欲しいから、安くしたい」という話を聞いた。
残念だが、違うケースも多いと思う。安ければ売れるというのは幻だと思う。
もちろん、高ければ買うのを控えるという人はいるだろう。が、安ければ、たくさん買うかというと商品によってはそうもいえない。

ましてや、安く売ったことできちんと利益が出ず、自分の会社が続かなければ、商品提供だってできなくなってしまう可能性がある。

安い金額であれば、たくさん売れるというのは、その商品に需要が十分ある場合だけの話で、そうでない場合には安ければ良いってことじゃないだろう。
時代としてはとにかく安いという時代じゃなくなってきていると思う。二極化。

高くても価値のある商品はちゃんと売れるという時代になってきていると思う。特にネットはそういう傾向が強くなっていると信じている。

« プレゼント応募はがきに書いてあるお世辞をそのまま取ってはいけないと思う | トップページ | 我が道を行った人を外から邪魔するような輩は本当に下衆だと思う »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65793596

この記事へのトラックバック一覧です: 安ければ売れるという幻を追ってはいけないし、今は追う時代ではない:

« プレゼント応募はがきに書いてあるお世辞をそのまま取ってはいけないと思う | トップページ | 我が道を行った人を外から邪魔するような輩は本当に下衆だと思う »

最近のトラックバック