« 再アプローチの重要性に気づいているのに、なぜ行動できないのか | トップページ | 憲法改正になったときの国民投票って、条文ごとに賛否が問われるのか、それともまとめてなのか »

2017/10/31

宅配ロッカーや置き荷はやはり難しいのだろうか。

以前、「宅配分の再配達の量の減らし方」という記事を書いた。駅のロッカーや配送センターに取りに行くなんていうのは、私ならぜんぜん問題ないと書いたと思う。

それでも、今はまあ荷物は増える一方で減らないらしい。コンビに受け取り等も増えているようだが、それでも足りないらしい。

マンション等は宅配ロッカーがあるから、これを利用したい。また、一軒家は置き荷はだめなんだろうか。
私のところでは置き荷をしてもらったことがなんどかある。盗まれたことはない。置き荷を宅配業者さんがしないのは、やはり盗まれる危険を負いたくないからだろうか。

そういう場合には保険がきくのだろか。荷物の価格などをある範囲にとどめれば、保険なども作れそうだけど、どうなのだろうか。

« 再アプローチの重要性に気づいているのに、なぜ行動できないのか | トップページ | 憲法改正になったときの国民投票って、条文ごとに賛否が問われるのか、それともまとめてなのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65911342

この記事へのトラックバック一覧です: 宅配ロッカーや置き荷はやはり難しいのだろうか。:

« 再アプローチの重要性に気づいているのに、なぜ行動できないのか | トップページ | 憲法改正になったときの国民投票って、条文ごとに賛否が問われるのか、それともまとめてなのか »

最近のトラックバック