« 安ければ売れるという幻を追ってはいけないし、今は追う時代ではない | トップページ | 反省と行動の変化。風邪で倒れていつも思うこと。なんで続かないのか。 »

2017/10/02

我が道を行った人を外から邪魔するような輩は本当に下衆だと思う

我が道を行った人たちを外から邪魔する輩がいる。
つまりは、独立した人を元の会社が邪魔するのである。
決して、けんか別れしたわけでもないのに、元の会社が勝手にそう思い込んでいる。
確かに競合するのかもしれない。だが、それが市場原理だと思う。
戦うなら、正々堂々と戦ってほしい。いやがらせはやめてほしい。

いやがらせ例1-企画を丸ごとまねてくる

独立した側が新しい販売企画などを実施すると、まったく同じ企画で販売キャンペーンをしてくる。日程などもかぶせてきたりする。もちろん、競争なんだと言えばそうだけど、元の会社は独自性のある企画で競争を仕掛ければいい話。まったく同じ企画をパクッてくるとはいやがらせとしか考えられない。


いやがらせ例2-仕入先に圧力をかける

独立した側が仕入れている仕入先に圧力をかけて、仕入れられないように邪魔をする。新しい仕入先を探しても、また手を回して圧力をかけてくる。


いやがらせ例3-直接邪魔してくる

テレビドラマで見るけどさ、会社の入り口に汚物をまき散らすとか、人を雇って独立した側に嫌がらせをする人を派遣してくる--要はクレーマーを店頭に送り込んで騒ぎ立てる--とか、ネットにありもしない誹謗中傷を書き込むとか、そういうの。


どれも、人間の悲しい面を見るようなケースで、正直、閉口するし、少なくとも自分はそうならないようにしたいと思ったりする。「至誠」をスローガンにする当社としては、こういうことは絶対にしたくないし、一方で、されるととても凹む。下衆なことをしないで欲しい。それをしている自分を恥じてほしいと思う。

« 安ければ売れるという幻を追ってはいけないし、今は追う時代ではない | トップページ | 反省と行動の変化。風邪で倒れていつも思うこと。なんで続かないのか。 »

手帳・文具」カテゴリの記事

最近のトラックバック