« 新聞記事で見た一言「ここがナンバー1なのに移す理由がない」が格好良い。 | トップページ | 実は、2泊3日で入院しておりました。その記録をウェブページにまとめています。 »

2017/10/21

時代小説を読んでいると、「至誠」がいかに大切かということをあらためて感じさせられる

文庫本で小説を読むようにしている。この2年くらいだろうか。量はそれほどは読まない。タイミングで全然読まない時期があったりもするのだが、幅を考えれば、月に1~4冊くらいの間で読んでいると思う。

そのうちの半分くらいは「時代小説」を読んでいる。先日も、「春雷」という葉室麟氏の時代小説をを読んでいる。

特に、葉室麟氏が好きだということでもないのだが、以前読んだ、「蜩ノ記」などは本当に人として生きるのはいかに難しく、また同時に、その難しさへの対応は「誠」が最も大切だということを教えてもらった気がした。さすが、直木賞受賞作である。

他にもいくつも時代小説を読んでいるのだが、勧善懲悪の「鬼平犯科帳」などはまったくもって「誠」が重要視されているように思う。鬼平は悪いやつを思いっきりだましたりしているけど(笑)

「至誠」は弊社の目指すところであるが、正直、「到達」することはできないものと考えている。とはいえ、目指して行動するのと、そうでないのでは日々の行動が違うだろうと信じている。これからも時代小説にそれを教えてもらいながら、進みたいと思う。

« 新聞記事で見た一言「ここがナンバー1なのに移す理由がない」が格好良い。 | トップページ | 実は、2泊3日で入院しておりました。その記録をウェブページにまとめています。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65831744

この記事へのトラックバック一覧です: 時代小説を読んでいると、「至誠」がいかに大切かということをあらためて感じさせられる:

« 新聞記事で見た一言「ここがナンバー1なのに移す理由がない」が格好良い。 | トップページ | 実は、2泊3日で入院しておりました。その記録をウェブページにまとめています。 »

最近のトラックバック