« タクシー運転手さんが、うまいラーメン店を紹介してくれるという認定制度 | トップページ | ネットショップのレコメンデーション機能、AIによって進化しているようです »

2017/10/16

大学1~2年生からインターンシップをする効果はなんだろうか。

大学生のインターンシップと言えば、多くは3年生だろう。しかし、最近は、1~2年生からインターンシップをやる人がいるらしい。インターンシップは就職活動の一環と捉えられる。だから、自分が目指す業界などでインターンシップを受けるケースが多いのではないかと思う。

しかし、これが1~2年生となると、どうなのだろうか。

もちろん、意識がある1~2年生であれば、既に自分がやりたいと思っていることが決まっていて、その業界のインターンシップを受けるだろう。一方、まだ1~2年生だと何を将来やろうと思っているかが決まっていないケースも多く考えられないだろうか。

とすると、インターンシップはどういう効果があるのだろうか。
つまりは「やりたいことを探す」ということの一環なのだろうか。

大学生の時には、いろいろなことをやってみるのがいいと私は思っている。私も実際、塾の講師のアルバイト、家庭教師に始まり、店頭での販売員などをやった。結果、自分はIT業界に身を置いたが、最終的には今の仕事に落ち着いている。大学を出てからも試行錯誤したということか笑

うちの子ども達にもそうして欲しいと思っている。あまり危険なものは困るが、いろいろなアルバイトを通じて、自分がやりたいことを見つけてくれれば良い。もちろん、就職した後にそれが変わったって良い。

大学の早期でのインターンシップはそういうところに効果があるのかもしれない。

« タクシー運転手さんが、うまいラーメン店を紹介してくれるという認定制度 | トップページ | ネットショップのレコメンデーション機能、AIによって進化しているようです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65851044

この記事へのトラックバック一覧です: 大学1~2年生からインターンシップをする効果はなんだろうか。:

« タクシー運転手さんが、うまいラーメン店を紹介してくれるという認定制度 | トップページ | ネットショップのレコメンデーション機能、AIによって進化しているようです »

最近のトラックバック