« 9月16日はマッチの日だそうです。戦後の自由化の一つ。 | トップページ | あらためて、中小企業基盤整備機構のウェブサイトを見てみる »

2017/09/17

私がそれを言ってはいけない気もしますが、補助金類があまり好きではありません

中小企業を助ける政策として、「補助金」があります。中小企業診断士としては、この補助金を中小企業の方々に有用に使ってもらい、自社の発展に役立ててもらいたいというのは理解しています。
そして、その補助金を活用すること自体は良いことだと思っています。

が、私個人は補助金が好きじゃないんです。

いくつか理由があります。

まず、「悪用するやつ」が許せないのです。
本来、使うべき人が使えず、悪用して補助金を騙し取るようなことをするやからがいるのでそれが許せないのです。もちろん、これは補助金そのものが悪いわけではなく、補助金という制度が残念ながら包含している性質から来るものだろうとは思います。

二つめは、「依存する経営者」に違和感があるのです。
補助金を目当てにして何かを作ったり、何かをやったりするというのは本末転倒だと思うのです。「補助金がもらえるなら展示会に出よう」ではなく、展示会に出ることは決まっていて--戦略上、必要だと考えていて--、それを実現するのに補助金が使えるという方向が望ましいですから。

他にもあるのですが、ここまでにしたいと思います。
私は、お仕事として「補助金申請のお手伝い」を単独では承っておりません。顧問先が補助金申請によって良くなる可能性があるというときだけ、お手伝いしております。

補助金申請を単独で手伝って欲しいという場合には、そのようなお仕事を手伝ってくださるほかの先生をご紹介しますので、よろしくお願い致します。

« 9月16日はマッチの日だそうです。戦後の自由化の一つ。 | トップページ | あらためて、中小企業基盤整備機構のウェブサイトを見てみる »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65736769

この記事へのトラックバック一覧です: 私がそれを言ってはいけない気もしますが、補助金類があまり好きではありません:

« 9月16日はマッチの日だそうです。戦後の自由化の一つ。 | トップページ | あらためて、中小企業基盤整備機構のウェブサイトを見てみる »

最近のトラックバック