« 中小企業の信用補完制度が見直される予定です。 | トップページ | 季節ではないのですが、赤穂浪士の話 »

2017/09/08

不正請求=詐欺=犯罪ということがなぜ理解できないのか

タイトルの=はニアリーイコールだという風に考えることもできるわけですが、ニアリーの部分はかなり少ないのではないかとも考えられます。
先日、健康保険の請求を不正に水増ししたり、本来は使えないことに使っていたりするケースが発覚しているという新聞記事を読みました。

たとえば、首が痛いという症状のためという理由で安眠枕を作り保険請求したり、オーダー靴を作るために足が悪いことをでっちあげたりするケースがあったようです。

健康保険は、保険をかけている人たちみんなでいざという時を支えるためのものと考えれば、こうした行為は保険をかけている他の人たちへの背任だと思います。自分だけがいい思いをすればそれでよいという残念な考え方です。

補助金などもそうです。本来は請求できないような補助金を無理やり通して請求したり、同じ事業では請求できないような補助金をごまかして請求したりするケースも聞きます。これも、税金を有効に使ってほしいと納税をきちんとしている人たちへの背任ではないでしょうか。

不正請求=犯罪であるということが理解できても、大した罪じゃないと思ってしまうのかもしれません。悲しいことです。少なくとも私自身はそういうことに手を染めないで参りたいです。

« 中小企業の信用補完制度が見直される予定です。 | トップページ | 季節ではないのですが、赤穂浪士の話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65690774

この記事へのトラックバック一覧です: 不正請求=詐欺=犯罪ということがなぜ理解できないのか:

« 中小企業の信用補完制度が見直される予定です。 | トップページ | 季節ではないのですが、赤穂浪士の話 »

最近のトラックバック