« AIが活用されたスピーカー、欲しい?僕は要らないや、今のところ | トップページ | 起きてもいないことを不安に思うのは無駄だから、自分の軸できちんと考えてみる »

2017/09/27

調査データをどう見るか。何を目的に調査されたものだろうと考える。

三つ、調査データを上げてみる。

1つは立教大学が調査した「商品購入の決め手は何か」というもの。
2つめは、社長が多い区はどこかというもの。
3つめは、どのくらいの頻度で女性は文房具を買っているかというもの。

さて、立教大学が調査した「商品購入の決め手は何か」というもののトップは、女性で「家族の意見」、男性では「ウェブ上の紹介記事」ということである。ふーん、とはなる。

社長が多い区は、港区だそうである。なんと10人に1人が社長だとのこと。ちなみに、職住近接では台東区がトップとのこと。

そして、3人に1人の女性は文房具を月に1回以上購入しているとのことである。


これらの調査データをどう見るか。これは人によって違うだろうし、一概に「多い」とか「少ない」とかもいえない。
私はこれらの調査は何のために行われたのかと考えることが多い。どうしてこういう調査がなされたのか。
それには調査主体なども検討する必要があるし、サンプル集団はどういう人たちなのかを知ることも重要だと思う。新聞記事ではその辺がわからないこともあるけども。

そうしてみていくと、利用できる数字とそう出ない数字が明らかになってきたりもする。

« AIが活用されたスピーカー、欲しい?僕は要らないや、今のところ | トップページ | 起きてもいないことを不安に思うのは無駄だから、自分の軸できちんと考えてみる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65793031

この記事へのトラックバック一覧です: 調査データをどう見るか。何を目的に調査されたものだろうと考える。:

« AIが活用されたスピーカー、欲しい?僕は要らないや、今のところ | トップページ | 起きてもいないことを不安に思うのは無駄だから、自分の軸できちんと考えてみる »

最近のトラックバック