« 正社員の有効求人倍率が上昇しているそうですね。 | トップページ | クラウドファウンディングが、レンディングも手掛ける? »

2017/08/20

文具の卸は大きい所がない。卸売業調査を見て。

食品や医療品などと比べてはいけないのだろうが、文具の卸は大きい所がなかなかない。
日経MJの調査で見ると、一番大きいのは内田洋行のようだが、内田洋行は卸という感じは当方はしない。
三位にいるエコールグループが実質、文具専業としては一位なのかなという感じがする。

その下にクラウングループ、加藤憲ホールディングス、レイメイ藤井や妙高コーポレイションといったところが並ぶ。

それぞれの売上高を見るとエコールグループでも830億くらい。食品系にこれを入れると30位くらい。スポーツ用品などと同じような感じになっている。

当然、市場の大きさが違うんだろうなぁとは思う。面倒なので調べていないけど笑

卸売業の古典的な機能は、

・物流のクッション
・商流のクッション

なわけだけど、今の文房具卸はこのクッションの役目を果たしているだろうか。

物流のクッションは、卸がある程度のロットで在庫を持つことによって、小売店は大きなロットでメーカーから買わなくても助かると言う面があるし、逆にメーカーは細かなロットで物を出さなくていいというメリットがある。が、、、これ、大きいメーカーだけの話で、うちのような小さい所はロットが小さいから、卸さんはやりたがらないことになって、在庫を持ってくれない。意味ない。

商流のクッションは、口座がまとまることで、小売店側は管理が楽になるわけだけど、これもIT化が進んだ今、管理は効率化されているから、「口座がまとまっている方がいい」と思い込んでいる小売店が卸にべったりになっていたりする。実はその方がデメリットが大きかったりするのではないか、という疑問を持っている人はいるのだろうか。

もちろん、いちいち、全部の小さなメーカーと小売店がやり取りしていたら大変だろうと言うことはわかる。が、卸さん、自分の立ち位置、見直されてもいいのではないかと思ったりもします。規模は食品に比べるととっても小さいけど。

« 正社員の有効求人倍率が上昇しているそうですね。 | トップページ | クラウドファウンディングが、レンディングも手掛ける? »

手帳・文具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65619259

この記事へのトラックバック一覧です: 文具の卸は大きい所がない。卸売業調査を見て。:

« 正社員の有効求人倍率が上昇しているそうですね。 | トップページ | クラウドファウンディングが、レンディングも手掛ける? »

最近のトラックバック