« 工期遅延の原因、4割が要件定義関連とのこと。痛い。 | トップページ | ネットニュースのキュレーションアプリですが、ちょっと広告的になってきた »

2017/08/26

中小企業は40万者も減少している(2009年からの5年間で)

中小企業白書、小規模企業白書で指摘されていることである。
調査時点では、382万者(個人事業主が含まれているので、社ではなく、者で表される)。

もう言われ始めて久しいが、経営者の高齢化が原因での廃業が増加していることが原因であろう。
倒産は減っているということなので。

一方で起業数は少ないままだから、当然、事業主の数は減る。
起業することに及び腰にならざるを得ない社会状況ということなのだろうか。それとも国民性か。

純粋な起業がきついということであれば、どこかの企業や事業を引き継いでもいい。企業数が減ってしまうと、社会に活気がなくなるし、税収だって減るだろう。全体的に縮小均衡になってしまう可能性がある。

事業承継は、喫緊の課題としてさまざまな面からサポートする制度などができているが、実際、引き継ぐ人がいなければ話にならない。そこから考えていかなければならないのだが、中小企業の場合、日々の暮らしに手いっぱいで、数年先のことが考えられなかったりするのが困ったところである。

« 工期遅延の原因、4割が要件定義関連とのこと。痛い。 | トップページ | ネットニュースのキュレーションアプリですが、ちょっと広告的になってきた »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65619512

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業は40万者も減少している(2009年からの5年間で):

« 工期遅延の原因、4割が要件定義関連とのこと。痛い。 | トップページ | ネットニュースのキュレーションアプリですが、ちょっと広告的になってきた »

最近のトラックバック