« 時差出勤にもっともっと特典をつけたら、変わって行くのではないか | トップページ | 時間外労働の上限規制の方針を拝見しました »

2017/07/24

流通構造を理解しないまま、製品開発することの恐ろしさ

物を作る、アイデアを形にするというのは楽しいものです。
実際には、アイデアを形にしようとして、挫折することの方が多いわけですが、それでも楽しいものです。
しかし、それは趣味の範囲。
ビジネスにしようと思ったら、やはり売ることを考えなければなりません。

物理的なものを作って販売するとき、

製品の魅力
在庫のための資金
流通(販路)
価格
情報の拡散(プロモーション)

などが必要でしょうね。こうしたものを理解しないまま、製品開発して、でき上った!けど、どうやって売るんだ?ってなっちゃだめです。
ニーズなかった、、、なんてこともあり得ますしね。

ましてや価格設定を間違ったりすると、全く売れない。流通に乗せられないなんてことも起こります。
はじめて製品開発をするなら、エンドユーザーまでどのように届くのかということも考えて進みましょう。

« 時差出勤にもっともっと特典をつけたら、変わって行くのではないか | トップページ | 時間外労働の上限規制の方針を拝見しました »

中小企業経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65518078

この記事へのトラックバック一覧です: 流通構造を理解しないまま、製品開発することの恐ろしさ:

« 時差出勤にもっともっと特典をつけたら、変わって行くのではないか | トップページ | 時間外労働の上限規制の方針を拝見しました »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ