« 値上げは、最も難しい局面に来ているかもしれない | トップページ | 流通構造を理解しないまま、製品開発することの恐ろしさ »

2017/07/23

時差出勤にもっともっと特典をつけたら、変わって行くのではないか

東京メトロが時差出勤すると通年で商品券が抽選であたるというサービスを始めるらしいですね。
特に東西線の混雑率が190%ということなので、さらに沿線に人口が増加するようです。
すごいな。

確か京王電鉄も朝の時間帯に特急を増やすとかして時差通勤を推奨していたと思う。
が、実際、これで時差通勤が進むとはちょっと考えにくい。インパクトが弱いと思う。

早朝5時台とか、6時台の通勤者を増やすための方法をもっと入れてはどうかなと思うのと、一方で、早い時間に帰る人がいるなら、それも特典に加えれば、残業も減るんじゃないかと思ったりする。
つまり、時差勤務。

どうだろうか。
残業を減らしたいなら、夜何時以降の電車賃は3倍とかにすれば、会社は早く帰らせるんじゃないかな。え、その分の負担を社員に押し付ける会社が出てくる?それはひどい。そうなったら、会社を変えた方がいい笑

« 値上げは、最も難しい局面に来ているかもしれない | トップページ | 流通構造を理解しないまま、製品開発することの恐ろしさ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/65359337

この記事へのトラックバック一覧です: 時差出勤にもっともっと特典をつけたら、変わって行くのではないか:

« 値上げは、最も難しい局面に来ているかもしれない | トップページ | 流通構造を理解しないまま、製品開発することの恐ろしさ »

最近のトラックバック